2010年04月02日 13:03

7兆電子ボルトの陽子衝突に成功、宇宙誕生の解明へ…世界最大の粒子加速器

 

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)00
世界最大の粒子加速器である、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)。

2008年に「ブラックホールが生成されて地球が消滅してしまうのでは」と心配され話題となった装置、と言えばピンとくる人も多いと思います。

今回、過去最大となる7兆電子ボルトの陽子衝突成功したそうで、これは「ビッグバン」直後の状態に近いため、宇宙誕生の謎に近づけるのではと期待されています。

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)01
この中で陽子が光の99.9999998%の速度まで加速され、それぞれを衝突させると言う実験が行われています。

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)04
ジュネーブ郊外にあるスイスとフランスの国境の地下をまたいで設置されてあり、その全周は約27 kmにも及びます。

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)02
7兆電子ボルトと言われると、とてつもないエネルギーに感じますが、「電子」という極小サイズの単位。身近な単位に変換すると、=0.000001ジュール(=1マイクロワット・秒)に等しいそうです。

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)03
超伝導型の加速器(加速空洞)。

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)05
総工費5千億円で、日本からは170億円が拠出されているそうです。

大型ハドロン衝突型加速器(LHC)06
この7兆電子ボルトの衝突実験の成功に関係者は、「来たるべき物理学、新時代の始まりが来た」と歓声を上げています。

この7兆電子ボルトの実験を2年ほど続け、2013年ごろには最終目標の14兆電子ボルトの実験に入る予定とのことです。

質量の起源である「ヒッグス粒子」の発見も期待されており、これは物質の重さを生み出している、最後の未発見の素粒子だそうです。

正直スケールが大きすぎてどう凄いのか見当もつかないほどですが、物理学の新たな時代が到来するのかと期待してしまいますね。

LHC: Will We Find The God Particle, Dark Matter and Supersymmetry?

ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの闘い
レオナルド・サスキンド
日経BP社
売り上げランキング: 24116
おすすめ度の平均: 4.5
4 ひも理論家、ホーキングを語る
5 多くの人が興味を持つブラックホールや相対性理論の世界へと誘う書
4 ホーキングの「ブラックホールの蒸発」が示した科学革命の予兆
5 勝者は語る!

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。