2010年04月03日 17:51

ジャンクフード中毒になると、健康食品を食べるより飢えることを選ぶ…ネズミの実験

 

ジャンクフード
ファストーフードやインスタント食品などは、健康に良くないと知りつつも、やっぱり手軽さや美味しさにつられて食べてしまいます。

そんなジャンクフードが麻薬同様に中毒になることがわかってきています。

ジャンクフード漬けにされたネズミに健康に良いとされる食品を与えても、食べずに飢えるというショッキングな実験結果が出ました。

この実験を行ったのはアメリカ・フロリダ州の科学者グループ。

ジャンクフード中毒のネズミの脳の感知の仕方を調べたところ、コカイン中毒のネズミと変わらない結果が出ました。

実験では、あるグループには栄養価の高いバランスの取れた健康食品を与え、もうひとつのグループにはジャンクフードを制限なしに与え続けたそうです。その中にはベーコン、チーズケーキ、ソーセージなどが含まれていました。

するとジャンクフードを与えられたグループは体重が増え、活動が減りました。驚くことに、肥満のネズミはまるで人間の麻薬中毒患者のように自傷行為まで始めたそうです。

さらに軽い電気ショックを与える条件にしても、ジャンクフードを食べ続けました。

そこで食事の内容を健康なものに入れ替えてみたところ、今度は食べることを拒否したのです。

ジャンクフードにはドーパミンの分泌を盛んにする作用があり、これはコカインを吸うとき、性的快感を得るとき、濃厚なデザートを食べるときなどと同様だと言います。

つまりジャンクフードを与えられたネズミのグループは、簡単に快楽を得るには高カロリーなものを食べれば良いと学習してしまったのです。

食事でも中毒になることが実証された形ですが、ダイエットをすると過食や拒食になったりするのは、こういったことが原因にあるとみられています。

いつでも美味しいものが食べられる飽食の時代、ついつい高カロリーなものを食べてしまいますが、たかが食事と侮らないよう注意したいものです。

Rats Rather Starve Than Eat Healthy Food, Even When Given Electric Shocks As Punishment

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
こんな記事発見。 ファストーフードやインスタント食品などは、健康に良くないと知りつつも、やっぱり手軽さや美味しさにつられて食べてしまいます。 そんなジャンクフードが麻薬同様に中毒になることがわかってきています。 ジャンクフード漬けにされたネズミに健...
Link→らばQ 懲りずにまたジャンクフードの話です。 ネズミ(マウスかラット)による実験結果だそうですが、ジャンクフード漬けにされたネズミに途中から健康的な食事へ変えたら飢え死にしたそうです。 ホント怖いですよね??。 ...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。