2010年04月18日 18:10

「こんなの初めて…」生まれ変わる経験を味わった男の話

 

メンドリ

ブライアンは金曜日の晩遅くまでパブで飲み、いつものように泥酔してしまいました。

家に帰ると、すでにベッドで寝ていた妻の横に入りました。そして軽く妻にキスをすると、自分も眠りに落ちていきました。

ところが目が覚めると、ベッドの隅に見たこともない男性が、白いガウンを着て立っていたのです。

「いったいお前は誰なんだ?」ブライアンは尋ねます。

「それにオレのベッドで何をしているんだ?」

すると神秘的な雰囲気を持った男性は答えました。

「ここはあなたの寝室ではありません。私は聖ペテロです」

驚いたブライアンは、あわてて尋ねました。

「私が死んでるって言うのですか?そんなバカな!ありえない!まだまだ生きる予定だったのに…。家族にさようならさえ言ってないんだ……どうかお願いです。私を生き返らせてください」

聖ペテロは答えました。

「そうですね。生まれ変わらせると言うことならば可能です。ですが落とし穴があって、豚かニワトリかどちらかを選ぶしか無理なのです」

ブライアンはショックを受けましたが、自宅の近くに農場があることを考えて、ニワトリとして生まれ変わるように頼みました。

ひと筋の光が放たれたと思った途端、もう彼の体は羽だらけでコケコッコーと地面をクチバシでつついて歩いていました。

「これは最悪だ」と彼は思いましたが、そのうちなんだか体の中がもぞもぞと、変な気持ちになってきました。

すると同じ農場の雄鶏がやってきて、「君は新入りの雌鳥だね。初日の気分はどうだい?」と尋ねてきました。

「それほど悪くないよ、でも体の中から今にも爆発しそうな感じがするんだ」とブライアン。

「排卵期なんだよ」と説明する雄鶏。

「卵を産んだことはあるんだろ?」

「今まで一度もないよ」

「じゃぁリラックスして、なすがままにするのがいいよ」

ブライアンはそれを聞いてその通りにしました。ちょっと不快な感じが数秒続いたあとで、1つの卵が彼の尾の下から飛び出してきました。

大きく気が抜けるような気持ちに覆われ、初めての母性を体験して、感情的にも満たされた気分になりました。

2個目の卵を産んだとき、もう言いしれない幸福感でいっぱいになり「ニワトリに生まれ変わったことは、今まで自分に起こった中で最高の出来ごとだ!」と感激したのです。

その喜びはずっと続き、3つ目の卵を産もうとしたそのとき…。

頭を大きく叩かれる感じがして、妻が怒鳴っている声が聞こえてきました。

「ブライアン!!起きてよ!!バカ! 大きい方をベッドに漏らしてるじゃないのよ!」

教訓:やっぱり酔いすぎてはいけません。酔いが覚めたらいつもそこには現実があります。

Reincarnation

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
ティナ・シーリグ
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 7
おすすめ度の平均: 5.0
5 ワクワクさせてくれる本、実践しなきゃ。
5 のっけから驚かされ、考えさせられる
5 自ら作ってしまっていた限界を可視化させてくれる
5 リスクをとること、失敗することが何故必要かを教えてくれる
5 日本では諸刃の剣になることも肝に銘じて読む必要もあります

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
ペアガラスってご存知ですよね? ガラスとガラスの間に空気層があって断熱効果、防音効果がある 窓ガラスですが、最近の新築は、ほとんどペアガラスです。 うちも、そうですが^^; 一般の単板ガラスのサッシでも今はペアガラスに交換可能な そうです。ペア....
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。