2010年04月23日 19:56

生きるって素晴らしいと称賛されていた1枚の写真

 

成長
子どもの成長は目を見張るほど早いものです。

衣類や靴がすぐに小さくなり買い換えるのも大変ですが、ある小さな少年の成長ぶりが見られる1枚の写真が話題に上っていました。

はっと目を惹く画像をご覧ください。

義足と成長
コディ君はまれな難病である仙骨発育不全(Sacral Agenesis)のため、生後15ヶ月の時に両足の切断を余儀なくされました。

成長に合わせて義足は小さくなり、そのたびに新しいものを装着していくのですが、それをずらっと横に並べた写真には、何か訴えかけるものがあります。

少年が見せてくれる笑顔が、とても力強いものだと言うのも理由のひとつなのでしょう。

この写真に対する海外サイトのコメントを抜粋してご紹介します。

・勇気ある少年だ。

・おちびちゃんにパワーオンだ…パワーオン。

・数年たったら普通の足よりもっと速く走るようになる。

・どれくらいの費用がかかるんだろうと考えてしまう。小さな子はすぐ育つので、新しい義足が数ヶ月ごとに必要だよね。

・いつもその笑顔だ。

・学校に行くようになったらモテるようになる。

・ロボットの足を持った子どもは学校では一番カッコいいんだ。

・大人になったら失ってしまう怖いものなしの面持ちだ。

・この条件で子どもが幸せなのは大人の場合と随分とちがう。生まれてすぐ足を失っているので、この子は比べる別の人生がない。

・すごいな、4人の透明人間の弟がいるみたいだ。

・靴を履くのがいつもよくわからないな。靴は足を守るためだから、なぜメタルな足に靴?

・10年経てば、もっとロボットチックになってるかも。

・レーザーも必要だ。

・両親は新しい靴は毎月はいらないな。

・世界中のイデオロギーより、この小さな子のほうがオレに希望を与えてくれる。

・暖かい気持ちになったね。僕はトラックに轢かれて、足の半分を失ったが、今でもサーフィン、スノーボード、スケートボードで走ったりする。ヒーローでも勇気があるでもなく、生きているんだ。僕を止めようとするものはクソ食らえだ。

写真を見てカッコいいと思えるのは、確かにこの子の表情によるところが大きいかもしれません。

微笑ましくも暖かい気持ちになる写真として、多くの人の勇気となっているようです。

Cynicism never had a chance.

「笑顔」と「ありがとう」の魔法
野坂 礼子
PHP研究所
売り上げランキング: 57532
おすすめ度の平均: 4.5
5 元気がでました。
5 「笑顔でありがとう」が人生を変える
5 笑顔の輪
5 そうだよね。笑顔と感謝と赦しが幸せを持ってくるよね

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。