2010年05月13日 22:03

イスラム教を風刺したスウェーデン漫画家、大学の講演中に攻撃される…ネット上で大激論

 

スウェーデンの風刺漫画家が襲撃00
2005年にイスラム教に関する風刺漫画を描いたスウェーデン人が殺害予告を受けるなど、大きな宗教問題に発展したことを記憶している人も大勢いるのではないでしょうか。

さてこの漫画家のラース・ウィルクス"Lars Vilks"氏ですが、先日大学で講演していたところイスラム教徒により攻撃され、それが映像に収められていました。

スウェーデンという先進国で起きたこの事件に関して、さまざまな意見が寄せられています。

スウェーデンの風刺漫画家が襲撃01
もともとこの風刺漫画は2005年にスウェーデンの新聞に出たもので、言論の自由であるのか、侮辱や偏見にあたるのかと散々マスコミでも取り上げられ、一時は彼の首にアルカイダから10万ドルの賞金が掛かるなど注目を集めました。

今回の事件は、大学で行われた言論の自由についてのスピーチ中に起こったもので、過激派による攻撃の一部始終がカメラに収められていました。

宗教問題の根深さがまたここにきて浮き彫りになったわけですが、この映像を見た人々の間で大きな議論となっていました。

海外サイトのコメントを一部抜粋してご紹介します。

・ウィルク氏が自分のアートについて述べたことを繰り返しておく。
「嫌なら見ないでくれ」
ヘッディングを食らわせた暴漢は、言論の自由のない国に船で送られるべきだね。彼は「そこ」に居ればずっと幸せだろう。

・もはや「そこ」ではなく、いつのまにか「ここ」になりつつある。ムスリム(イスラム教徒)たちのことを指すならね。脅しと言う手段はほとんどの人を黙らせるのに十分だ。ムスリムを好ましいとは思えない。人を爆破したり、自爆さえもする。言う事を利かないといって娘を殺し、建物を損壊し、無実の人々を殺し、もちろん彼らにとってはみんな無実じゃないんだ。自分は彼らが嫌いだ。

・全員じゃないだろう。アメリカだけで700万人のムスリムがいるんだぜ。700万人全員が攻撃したわけじゃないだろう。一部の人間がすると、まるで全員がおかしいかのように取り上げられるのさ。キリスト教徒も無神論者やヒンズー教徒を支配する力があるかい。罪のない者が犯罪者の代わりにどうして謝罪しなくちゃいけないんだ。

・イスラム教徒と自爆テロリストの違いってどうやって見分けるんだ?

・ちょっと確認させてくれ…これはスウェーデンで起こったのかい?なんてこった。政治家は俺らに何を教えたんだ。まるで叫んだり人々を攻撃したり、イラクで起こっていることのようだ。

・この問題で面白いのは、開祖のムハンマドは、ムスリムたちに彼の偶像を作ってはいけないと説いている。絵や銅像などもだ。神は唯一なので偶像を崇拝してはならないとね。そこでこのバカたちがその意味を全く取り違えてムハンマドと言う名前を、宗教そのものや神として崇めている。もう自分も含めてみんなムハンマドと言う名前を守るために狂うといいんだ。名前を使うやつはすぐ終身刑とかね。

・宗教はとても繊細な問題だ。みんな宗教を非難しよう。

・アーメン。

・単一民族の信心深い人々は、ホームスクール(学校に行かずに家庭だけで学習する)している子どもに似ている。彼らが自分の気に入らないことや、自分の狭い世界と矛盾することを見聞きすると、混乱したり怒ったり激しくなる。なぜかというと社交性を養われていないので無視したら普通の人間のように話ができないからだ。
誰かがムハンマドを描くと、ムスリムは漫画家にヘッディングを喰らわす。誰かがハバード氏を詐欺師と呼ぶと、サイエントロジストが、家の前に立って叫ぶ。誰かが月は光らず太陽の光を反射していると言えば、キリスト教徒はそれが聞こえないように子供らの耳を覆うんだ。

・この漫画家の創造力を称える。バンザイ。

・漫画を描いたら、何百万の原理主義者が殺しにやってくるなんてね。たった漫画で6年もどう傷ついているっていうんだ?こんなバカが国にいっぱいいるかと思うとムカつくよ。

・次に描かれるのはいなんだ。

・スウェーデンの男性警察官って全員ポルノスターみたいだ。

・男性警察官だけじゃないと思う。

・どうしてこいつらを公共への嫌がらせとして刑務所に放り込まないんだ?

・5月20日に全員でムハンマドを描こうぜ。みんなお気にいりのクレヨンを持って来い。

・教育を受けた愚か者ってのは本当に危険だ。やつらは視野を広げるために大学にいながら、結局アラーと叫んでるんだ。病気さ。

・イスラムがどんなに平和かを見せ続けるがいい。

・ムスリム・モノローグ「我々を暴力的だと言うとはけしからん。攻撃して見せてやろうぜ」

・本当の問題はきっと、ムスリムは漫画が嫌いなんだよ。

・自分はムスリムだけど、さすがにこれらはクレイジーだと思うよ。単に他にすることがないのだと思う。これが生きる目的になっているんじゃないかな。

どの宗教にもデリケートな問題はあるようですが、やはり暴力には大半の人が否定的なようです。

5年ほど経った今でも鎮静化していないことに、この問題の根深さが伺えます。

Video: Attack on Swedish cartoonist who drew Mohammed

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。