2010年05月30日 13:20

イギリスで一番の「がんこおやじ」だと言う、いつも不機嫌なパブのオーナー

 

英国一の頑固おやじ00
年齢を重ねると頑固になっていくのか、それとも短気なのは生まれ持った気質なのか、イギリスで最も怒りっぽい頑固おやじなパブのオーナーがいるそうです。

どのくらい頑固なのかと言うと…。

英国一の頑固おやじ01
ジョン・ウィルキンズさん(63歳)は、2年前に定年退職した後、イギリス・ハードフォートシャーにある村のパブを引き継ぎました。

すると常連客たちが驚いたのは、ジョンさんはとても気難しく、彼らがビールを注文するたびに毎回ぶつぶつと文句を言うことでした。

客がビールに批判でも言おうものなら拒絶され、何か頼んでも「自分で探しな」と冷たく言い放つそうです。

やがて店でシェフを務めているリン・ストークスさん(40歳)は、「この国で一番不機嫌なオーナー」と書いて掲げるようになりました。

さらに客がいろいろ聞いてくるのを黙って飲んで欲しいと言い、イギリス一不機嫌なオーナーで構わないと開き直っています。

ずっと独身を通してきたというジョンさんは、「一日中、誰の助けもなく働き続けるのだから、不機嫌だからといって驚くことはない」と答えていますが、どうも朝一番から不機嫌で、だんだん疲れて行き、いっそう不機嫌になるようです。

なんとかジョンさんに少しでも笑って欲しいと、日替わりメニューの黒板に「国一番の頑固おやじは自慢の店主」と書いたのは、スタッフの一人であるリンさん。

いかにも名物おやじといった風のオーナーですが、少なくともお客さんとスタッフには恵まれているように思えます。

Britain’s grumpiest pub landlord crowned

頑固親父のガチ枕
頑固親父のガチ枕
posted with amazlet at 10.05.30
クレールインターナショナルクリエート
売り上げランキング: 39758

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。