2010年07月25日 14:50

19世紀のウィーンに建てられた古いガスタンクがオシャレな住宅・商業施設に大改築

 

ガスタンク・マンション00
19世紀の終わり、オーストリアのウィーンに、欧州で最も古いといわれるレンガ造りの巨大なガスタンク4棟が建てられました。

100年を過ぎた現在は天然ガス転換に伴いガスタンクとしての使命を終え、2001年に集合住宅や商業施設などを含む複合施設へと生まれ変わったそうです。

音楽の都に溶け込んだ、古典様式と近代様式の合わさった建物をご覧ください。

ガスタンク・マンション01
4つのガスタンクの着工から完成は、いまから110年以上前の1896〜1899年。

ガスタンク・マンション02
上空からの写真。

ガスタンク・マンション03
4つ並んでいるところ。2つ目の建物だけ近代的な高層棟が付属しています。

ガスタンク・マンション04
歴史を感じるレンガ造り。本来ガスタンクには必要ないかもしれませんが、音楽の都ウィーンの外観を損ねることなく調和しています。

ガスタンク・マンション05
中央が空洞になった内部の集合住宅。全部で600を超える部屋があるそうです。

ガスタンク・マンション06
空中庭園のような中庭。

ガスタンク・マンション07
ひとつの大きさは直径65m、高さ72mほど。迫力がありますね。

ガスタンク・マンション08
ショッピングモールや催事ホールなどの商業施設も兼ねているだけあって、中は未来的。

ガスタンク・マンション09
くつろげそうなロビー。

ガスタンク・マンション10
外のテラス。

ガスタンク・マンション11
空が見えると圧迫感を感じませんね。

ガスタンク・マンション12
ラピュタでロボットが巡回していた中庭の雰囲気に近いかも。

歴史ある建物をできるだけ保持したまま、現在の利用可能な施設に変貌させたアイデアと手腕は見事という他ありませんね。

Amazing Architecture

家を借りたくなったら
長谷川 高
WAVE出版
売り上げランキング: 10215
おすすめ度の平均: 4.0
5 知識0でも分かりやすかった
5 家を借りる前に必読!
5 こんなこと書いていいの?
3 家を借りるときの基礎的な知識が身に付きます
3 理想の部屋探し

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。