2010年08月02日 11:42

シマウマとロバの間に産まれた赤ちゃんは…足だけシマシマだった

 

ゼドンク00
アメリカの野生生物保護区で、シマウマ(ゼブラ)の父とロバ(ドンキー)の母という珍しい子供が生まれたと話題になっています。

この組み合わせの混血種は、ゼドンク"Zedonk"またはゾンキー(Zonkey)などと呼ばれます。

さて、気になる縞模様ですが、今回産まれた赤ちゃんには4本の足だけに遺伝していました。

ゼドンク01
生後1週間のZedonkの赤ちゃん

見事に足だけ綺麗な縞模様になっていますが、その他はロバそのもの。

ゼドンク02
母親ロバと戯れるZedonkの赤ちゃん

この保護区ではロバとシマウマが40年間一緒に暮らしてると言いますが、混血の子が産まれたのは今回が初めてとのこと。

縞模様の足が長靴のように見えることから、保護区の飼育係によって「長靴下のピッピ」と言うニックネームが付けられたそうです。

遺伝子の不思議を感じるピッピの姿ですが、このまま大人に育つとシマウマのように颯爽と走るロバとなるのでしょうか。

Zebra/Donkey Hybrid — Zedonk

キャラメル コンビ肌着 ゼブラ柄 フライス 50cm
シンク・ビー (2007-10-01)
売り上げランキング: 6412

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。