2010年08月08日 14:11

出世に有利なのはどの職業なのか…と言うお話

 

面接

とある会社のオーナーが、部長を決めるために面接をしていました。

まずオーナーは2+2はいくつになるか、という問いに答えられる人々を選びました。

エンジニアは手持ちの定規を出して、あちこちに動かし、ようやくこう答えました。
「答えは3.98と4.02の間です」

数学者はこう答えました。
「2時間以内にはそれが4であることを短い証明とともに立証出来ます」

弁護士はこう答えました。
「スベンソン氏が州と争った判例からすると2+2は4と宣言されています」

トレーダーはこう尋ねてきました。
「売りですか?買いですか?」

会計士は会社のオーナーを見て、椅子から立ち、誰も聞いていないことを確かめにドアの方まで行き、カーテンを閉め、もう一度オーナーのところに戻って来ました。
 
そしてデスクによりかかり、とても小さな低い声でこう言いました。
「どんな数字にして欲しいですか」

この話から学ぶこと: 会計士は数字のマジシャンである。

Joke of the Day - Accountant and the Business Owner

問題は「数字センス」で8割解決する
望月 実
技術評論社
売り上げランキング: 97813
おすすめ度の平均: 5.0
5 「数学センス」のない方におすすめです
5 会計の基礎となる「数字の扱い方」
5 「数字」の見方と感覚が変わる本
5 数字を生かせる人に
5 数字は世界共通のコミュニケーションツール

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 出世に有利なのはどの職業なのか…というお話【らばQ】  [ 他力本願 ]   2010年08月08日 14:52
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。