2010年08月08日 20:03

大麻の家庭栽培が発覚…とても大掛かりなシステムに騒然

 

マリファナ栽培00
ほとんどの国で違法でありながら、取り引きが絶えない大麻(マリファナ)。

密輸だけでなく、比較的簡単に栽培が出来ることから、警察の目をかいくぐって栽培をするケースも絶えません。

アメリカ・テネシー州で大麻の家庭栽培が発覚し捕まったのですが、そのシステムがとても大掛かりだと話題になっていました。

マリファナ栽培01
外からはごく普通の良い家に見えるだけです。

マリファナ栽培02
ところがガレージに隠しドアが。

マリファナ栽培03
油圧式ドアを開けると…。

マリファナ栽培04
驚くほど整然と並べられた大麻栽培が行われていたのでした。潅水(かんすい)システムまで完備されています。

マリファナ栽培05
並んだバケツの奥行きは50メートル近くも続いています。

マリファナ栽培06
人と比べると、どんな高さかよくわかります。

マリファナ栽培07
何百万ドルにもなる事業。

マリファナ栽培08
60日で収穫可能に。

マリファナ栽培09
きっちり水や温度調整されています。

マリファナ栽培10
そしてこの大きな穴が何かと言うと…。

マリファナ栽培11
警察に踏み込まれたときの逃げ道です。

マリファナ栽培12
トンネルを下から見上げると…。

マリファナ栽培13
抜け道の外側は、まるで普通の石のようにカモフラージュ。

こういった違法栽培が逮捕に至る一番の原因は、驚くほど高い電気代だとのことです。

しかしながら、実際に逮捕劇のあったテネシー州のこの家は盗電していたそうで、電気会社の調査が入ったことが発覚のきっかけとなったようです。

主犯一人と現場の二名が逮捕され、これらの大麻は年間で6〜800万ドル(5.1〜6.8億円)になっていたであろうと見積もられています。

その後この家はオークションで売りに出され、28.5万ドル(約2400万円)で落札した人物が7エーカーの土地の他に、地下施設およびバケツや照明装置などの装備もそのまま譲り受けたようです。

この大掛かりな栽培システムに、海外サイトのコメントもたくさん寄せられていました。

抜粋してご紹介します。

・こいつらはすごい。

・だが明らかにすごさが足りなかったということだ。

・これはすごいが、男向けの洞穴としても最高の可能性を秘めているぞ。オレならLANエリア引いたり、ロックバンドや、24時間スポーツチャンネルだとか…。

・これは普通に庭としての改造と考えてもすごい。虫もいなさそうだし、干ばつの心配もないし、それに空気もきれいそうだ。静かで平和な保養地になる。

・だけど太陽の光も当たらない。そして虫は出る。

・パイナップルを高速で栽培するインスピレーションを得た。

・それはカリフォルニアでは合法になっても無理だな。地震が多すぎる。

・カリフォルニアで育てるには外の天気が良すぎるから、インドアにそんな金をつぎ込めない。

・ヨダレが出そうだ。

・すごい設定だが一ヶ月5000ドルの電気代がかかりゃ、いつでも捕まる。

・ディーゼルエンジンか何かを使うべきだったな。

・疑問に思うんだが,最初にこれを疑われずにどうやって工事するんだ?

・「脱出用のトンネルも頼むよ」

・日曜大工で自分でやるんだよ。

・28.5万ドル?どんな安いんだ。

ここまでの手間をかけることに驚きですが、結局は捕まってしまうようです。

Most Elaborate Pot Growing Operation (PIC)

こころと体に効くハーブ栽培78種―ハーブのすばらしい魅力を味わうために
宮野 弘司
成美堂出版
売り上げランキング: 28791
おすすめ度の平均: 5.0
3 具体的な理由
5 心と体がハービーボーイズ!
5 解りやすさNo.1!!
5 写真たっぷり、情報ぎっしり
5 やる気にさせてくれる本

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
「今の税金は高すぎる」と思う人、初の過半数割れ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100809-00000032-zdn_mkt-soci そもそも調査自体が怪しい、という考えはさ...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。