2010年08月22日 18:25

スリルありすぎ…ギリギリの崖っぷちでバランスをとる脅威のパフォーマンス写真13枚

 

崖っぷち00
標高1400mという崖っぷちで一輪車に乗っているのは、ノルウェー人のパフォーマンス・アーティストである Eskil Ronningsbakken さん(30歳)。

数々の危険なパフォーマンスを行うという彼は、自らの体を危険にさらすことで、生を体現しているとのことです。

見ているだけで震えがきそうな、命がけのパフォーマンスをご覧ください。

崖っぷち02
高さ数百メートルのがけっぷち。さびた建造物の強度が心配です。

崖っぷち03
不安定な岩の上に脚立を立てて…。

崖っぷち04
倒立。

崖っぷち05
二人で組み体操。

崖っぷち01
繰り返しますが、すべったら一巻の終わりなんです。

崖っぷち06
雪のシーズンも裸でパフォーマンス。体がかじかんでバランス崩しただけであの世行きです。

崖っぷち07
こちらは滝の上で綱渡り。乗っかってるのって氷ですよね…。

崖っぷち08
なにやら舞台装置を用意していますが、今度は何をする気でしょうか。

崖っぷち09
……もう、好きにしてください。

崖っぷち10
ポールの上にイスを載せて倒立。

崖っぷち11
むしろ下にいる黒い人が気になって仕方ありません。

崖っぷち12
大きな輪っかの上でバランス。

崖っぷち13
自転車で変態じみたパフォーマンス。

あまりにもぶっ飛びすぎているせいか、見ているほうが麻痺してくるほどです。

安全が確保されたスタントマンではなく、自らをパフォーマーと呼び、生と死の狭間に身を置くことで生が実感できると語る Eskil Ronningsbakken さん。

高所が苦手な人なら、この写真を見ただけでも十分生きてる実感を得られそうなパフォーマンスです。

Eskil Ronningsbakken, Balancing on 1000ft Cliff

ワンピースフィルム ストロングワールド DVD 10th Anniversary LIMITED EDITION 【完全初回限定生産】
ポニーキャニオン (2010-08-27)
売り上げランキング: 1
おすすめ度の平均: 4.5
5 尾田っち
5 OPについて
1 仲間の在り方
5 最高傑作!!
5 ONEPIECEらしさ!(ネタバレ有)

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。