2010年08月25日 12:07

親としてそれはダメなんじゃないの…というスーパーマーケットの写真いろいろ

 

ウォルマートの親00
親たるもの、子どもに無償の愛を注ぎ、きちんとしつけもします。

と言うかして欲しいです。しかし時々親としての使命を忘れるのか、しつけにヤル気がないのか、常軌を逸した状態の親子を見かけることもあります。

親としてそれはダメなんじゃないの……と言いたくなる、アメリカのスーパーマーケットの風景をご覧ください。

アメリカのウォルマートで見かけた、ちょっと常軌を逸した親子連れ写真いろいろ

ウォルマートの親01
楽しそうなんだか、苦しそうなんだか、と考える前に止めるのが正しいです。

ウォルマートの親02
歩く気の全く失せた子は、店の床磨きに使える例。

ウォルマートの親03
親が目を離したすきに…ということはありますが、目の前でやってる場合は親の怠慢と言うか虐待と言われそうです。

ウォルマートの親04
子どもはつらくないのかなと心配するものの……。

ウォルマートの親05
実は大人も一度はやってみたい技。

ウォルマートの親07
すでにロックンローラー。

ウォルマートの親08
いい具合に影になってお昼寝が心地良く…とか言っている場合ではありません。

ウォルマートの親09
とりあえず載せたのも自分ですが、下ろさなくてはいけないのも自分です。

ウォルマートの親10
ベビーカーをこの角度でこのように置くと、いい感じにリクライニングとなって、よく寝かしつけることができます。

……ただし買い物の量が少ないときにしましょう。


これらの写真に対し、海外サイトのコメントをいくつかご紹介します。

・ウォルマート: アメリカがくだらないものにお金を使うところ。

・笑うつもりだったが、泣きたくなった。

・いつも低い親の基準。

・わお、これはボクに嬉しくないことを思い出させた。

・こういう人たちの家のにおいってどうなんだろう。

・きっと知りたくないと思う。

・君はおかしいのか?なんでそんなことを考えるんだ。

・今年はアメリカに行くことにする。ウォルマートは観光地として入れるべき?

・笑いのために。

・写真は掲示板に送るんだ。

・訪問しなくていい、自分の国にいたら、ウォルマートのほうがやってくる。

・これがアメリカの偉大なところで、特にどこの地域とピックアップしなくても、超無知な人間を見つけることができる。

・どうだろうな、最初の一枚は秀でてる。退屈で嫌なスーパーの買物に連れていかれたことを思い出すよ。その写真はその気持をよく表している。

・今日はウォルマートへ行った。何年も行かなかったが相変わらずの様子で失望することはなかった。

・ウォルマートに勤めていた僕から言わせてもらおう。これは日常の姿ではない。実際はもっとひどい。なぜなら写真の中の両親たちは、少なくとも子どものそばにいる。

どこにも批判される親というのはいるようです。

People of Walmart -- Parenting Fails at America's Superstore

0~4歳 わが子の発達に合わせた1日30分間「語りかけ」育児
サリー ウォード Sally Ward 槙 朝子 汐見 稔幸
小学館
売り上げランキング: 685
おすすめ度の平均: 4.5
5 笑顔が増えました
3 赤ちゃんに解りやすく話しかける
3 微妙・・・
4 語りかけ育児
5 もっとはやく読めばよかった

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. http://rohano.blog87.fc2.com/blog-entry-218.html  [ Roha記録 ]   2010年08月25日 23:58
親としてそれはダメなんじゃないの…というスーパーマーケットの写真いろいろ 今日バイトで思ったことと重なったので
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。