2010年09月15日 12:32

アメリカ人男性「40歳だけど女性経験は1度もない、何か質問ある? 」

 

彼女いない歴
恋愛の問題というものは、どこの国であろうと気になることのようです。

海外の掲示板で、女性経験を持つことなく40歳の誕生日を迎えたアメリカ人男性が質問を募っていました。

日本では荒れるかネタになってしまうことが多いテーマですが、質問も回答も結構真面目な、彼女いない歴40年男性のコメントをご紹介します。

以下のような掲示板の書き込みから、やり取りは始まりました。

僕の名前はスティーブ。
人生で1度も女性とつきあったことがない。多分ここ10年から15年は個人的に女性と話したことさえもないように思う。僕の仕事がITコンサルで男性社会なので、それも女性と話さない歴もプロレベルだと思う。

理由は僕にはわからない。シャイと言うわけでもないし、1般のシャイの人ならそれが悩みで自信が持てるような努力もすると思う。それほど外交的というわけじゃないけど、人に接することは出来る。

今まではあまり考えたこともなかったけれど、40歳になって都会の伝説として孤独に死んでいくということはやめて、もうちょっとシルエットとして見えるようにすることにした。
別に人生に不平があるわけじゃないが、食事の事を考えるようなもんだ。

こんな僕に質問があったら何でもどうぞ。

これに対し、たくさんの質問が飛び交っていました。

Q: そのことを気にしているかい?
A: そう深く考えたことはないんだ。普段は仕事もプライベートも、パソコンの前でほとんどの時間を過ごし、僕みたいな人間が負け犬と感じるような、性を意識する場面にあまり直面することがないんだ。 40歳になったことで自分を見つめ直すきっかけになった。現在の気持ちはと言うと「戸惑っている」というところ。気にせずスルーできないくらいには意識するようになった。だけど重大性を理解するには、まだまだよくわかっていない感じだ。

Q: 「性を意識する場面にあまり直面することがないんだ。」 君はポルノを見ないのかい?
A: ポルノは見るよ。だけどそれは純粋で濃縮された性だろ。僕が意味したのは「彼女」とか「責任」とか「結婚」とか、そういうノーマルなプレッシャーのことだよ。

Q: 今までで1番、関係を持つとか、女性と寝るとか、近かったという経験は?
A: 近かったことも1度もないよ。冗談じゃなく、個人的に女性と10〜15年ほど話したこともないってのは本当なんだ。

Q: 女性とそういう関係になってみたい?
A: 多分イエスだけど、それって体脂肪を2%にするとか、日本語を話せるようになるとかのレベルに近い。不可能ではないかもしれないけれど、その努力に見合うと思えない。

Q: 特に不幸そうにも思えないが、それは勇気ある体裁なのか、根っからの無頓着なのか、どっちなの?
A: 根っからの無頓着だ。少なくとも今はそう。僕が1番恐れていることは、50歳とか60歳とか、遅すぎてから僕の気持ちが変わること。多分そうなったときには勇気ある体裁を保たなくてはならないだろう。

Q: 時々子どもを持つこととか、自分は良い親になれるかどうかとかを考えることはあるかい?
A: 僕は良い親になると思うよ。でもその2つは関係ないことだね。

Q: 普通の男がするみたいに、今でもポルノを見て1人でするかい?もしそうなら頻度はどうなんだい?月に1度かい?それとも年に1度?
A: ポルノは週に3〜4度は見るよ。1回見るたびに1〜2度なので月に20回くらいだ。

Q: 最初の内容で君が答えていることをもう1度聞くよ。どうしてなんだ?どうしてかわからないなんて言ってくれるなよ。女の子を誘うのを止めているものは何だ?あるいは女性に誘われることをもだ。Facebookで会話したり、オンラインデートサイトに登録したりは?オンラインゲームは?(ゲームを通して関係を持つ人も多い)正直に言ってくれ、いったい何が起こったんだ?ゆっくり考えて答えてくれ。逃げみたいな言い訳はなしな。
A: 「女の子を誘うのを止めているものは何だ?」編み物を始めることを止めているのと同じ気持だよ。「あるいは女性に誘われることをもだ」女性が男を誘う?僕にはそんなことは起こらなかった。もっとも女性がたくさんいるところに行きもしなかったけど。
A:「会話したり、オンラインデートサイトに登録したりは?」 絶対にないな。
A:「正直に言ってくれ、いったい何が起こったんだ?」 これは過去のトラウマのことを意味しているのかな?正直に言うがトラウマなんてないんだ。女性と接したことがない=トラウマではない。

Q: パートナーを探している?探しているならそれは自分がそう望んでいるからか、それともパートナーを持つべきと思っているからか、どっち?
A: 探していない。女性との関係を妄想することもあるけれど、多分それだけだ。探すほどはモチベーションがない。多分それは彼女が僕の非現実的な妄想基準に達していないからかな。

Q: 独身になって3年も経つが、オレは女性との関係をよく考える。静かな時間は何を考えているんだい?
A: 読書をよくするし、プログラムも書く。知的なことの追求もする。週に4回ほどエクササイズもする。

Q: 信仰心は強い?
A: 全く。

Q: 知り合いに、もうすぐ40歳になる君と似た立場の医師がいる。彼は知的好奇心が旺盛で、それゆえに性格の癖も強い。彼は他愛のない会話を楽しめないタイプで、それゆえに女性とデートなどを楽しむことができない。誰かの好意を得るために、ありのままの自分でいられないんだと思うと気の毒に思う。君は自分の興味や性格が原因になっていると感じたりする?金曜日の晩に出かける自分を想像すると、どんな感じがするかな?
A: その医師とは多分友人になれる気がする。僕の癖が何であるかはわからないけれど理解はできる。僕の興味はギーク的なことだが、常軌を逸しているとまでは思わない。社交面で僕を引き止めているのは、世俗的なことに対して興味を持てないことで、僕が会話に魅力を感じるのは僕が興味を持っているトピックだけだ。そうなるともう黙っているしかない。それ以外に会話につけ加えることがないんだ。これが多数の人々を排除してしまっている原因だと思う。金曜日の晩に出かけはしない。行ったとしてもバツが悪い感じだ。

Q: もし童貞を気にしているなら、とっくにプロに相手してもらってただろう。多分ほとんどの人は君の状況を理解できない。だが人生のサイズは一つではなく、全員がそれにフィットするわけでもない。そのことを受け止めて、君が楽しいと思うことに干渉しないでおこうと思う。君がどこかおかしい人間とも思わないが、メディアや社会が考えるノーマルではない。そしてそのことで世間はプレッシャーをかける。カウンセラーに相談したことは?親友に話したことは?
A: カウンセラーに相談したことはない。気持ちに問題があるわけではないので。親友ともそんな話をしたことはない。友達は多分知っていると思うが、そんな話をしてこないことに感謝している。

Q: 家族は知っている?そのことをどう思っている?
A: そんな話はしないが、僕と親しい人はみんな知っているんじゃないかと思う。

Q: 君の外見はどんな感じ? こんなに長く何もなかったんだからブサイクな子で落ち着こうっていう気は? 
A: 身長は178cmで、黒い髪、目、体脂肪は7%ほど、重々しいタイプではない。ブサイクな子については、肥満や喫煙者にボーダーラインは引くが、外見はそれほど気にしていない。かわいい子に越したことはないが、こだわりが強いわけではない。

Q: こういうのをどう考えて良いのかわからないな。オレは13歳のときから女と関係を持つようになって、30年たった今でも止まっていない。女性を追いかけて、浪費したお金、努力、時間を考えると、そのムダがなかったら経済的には成功していただろうと思う。その反面、楽しかった経験もなかったわけだが。わからないな。君が幸せならそのままで良いんじゃないかな。ただそうでないとしたら、今すぐ誰かと寝ろ。
A: 「女性を追いかけて、浪費したお金、努力、時間を考えると、そのムダがなかったら経済的には成功していただろうと思う」 経済的には余裕があるけど、それはやっぱりデートする相手も、養う家族もいないからだと思う。


こんな風に延々と続いているのですが、やはり世の中はみんな同じではないということでしょうか。

決して不幸そうでもなく、大して興味も持たないまま時間だけが過ぎてしまったという感じです。

コメントは抜粋ではありますが、その他のコメントも荒れていたりからかったりというものはほとんど見受けられず、全体的に真面目なやりとりが続いていました。その辺は日本のネット事情とはかなり違うと言えそうです。

Tomorrow I will officially become a 40 year old virgin. Ask me anything.

ずっと彼女がいないあなたへ
諸富 祥彦
WAVE出版
売り上げランキング: 74990
おすすめ度の平均: 3.5
4 実用書でなく読み物として
1 ハッキリ言って支持したくない
5 その通り!
4 大学講義 「彼女のつくり方」
5 逆に、女性にこそ読んでほしい

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。