2010年09月19日 17:09

出身地をバカにした被告に「その地にある山に登れ」という判決

 

アイルランドの山
裁判で有罪となれば、さまざまな罰則を科されますが、その内容が山に登れというのは、さすがめったにないことだと思われます。

アイルランドで別の地域出身の警官を侮辱した男が、その地域にある山に登るよう判事から命じられたそうです。

ひどい罵倒をしたという理由で訴えられたのは、アイルランドのラスマランに住むジョセフ・マッケルウィーを含む3名。

パブの外で警官2人を罵り、アイルランド北西部にあるメイヨー出身の警官をバカにして「メイヨーへ帰れ」と言い放ったようです。

被告は反省しているものの、判事はメイヨーにある山に登るよう命じました。その山はクロー・パトリックと言い、標高764メートルでウェストポート駅から8kmのところにあるメイヨーで3番目に高い山だそうです。

判事は被告にクロー・パトリックに登ったことがあるかを尋ね、その山に登れば、その地域の人々の見方も変化するかもしれないとして、その山に登った後に、もう一度戻ってきて感想を述べるよう命じたのです。

マッケルウィーの弁護人によると、原因は飲酒にあり、本人は反省して警官に謝罪を済ませ、その山に登ることを約束しているとのことです。

来月にも出頭予定で、それまでに山に登ったことを証明するため、判事が用意した質問に答えなければならないそうです。

標高でいうと特別高すぎるわけでも、低すぎるわけでもなく、反省を促すにはちょうどいい気がするユニークで変わった判決ですよね。

果たして登山後の彼に、心境の変化は生まれるのでしょうか。

Irish judge tells man to climb mountain

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。