2010年09月24日 11:17

野うさぎは出産前に次の妊娠が可能…ドイツの研究

 

野うさぎ
生物が種を存続していくには、子を産んでいかなければなりません。

そして食物連鎖の下位にいるほど簡単に子を宿すものですが、ドイツの調査によると、メスの野ウサギは出産する4日前に別の新たな妊娠をさせることが出来たそうです。

1つ目の妊娠が終わる前に次の妊娠が出来、過受胎と呼ばれるこの状態は、切れ目なく延々と妊娠が可能だと言います。

これにより通常の妊娠期間である42日を38日まで減らして子供を作り続けられる理屈になるようです。

また過受胎は、生殖力をさらに高めるための進化とみることも可能だと研究者は述べています。

ちなみに野ウサギとしたのは"Hare"と呼ばれるウサギのほうで、普通のウサギ"Rabbit"よりひと回り大きく、野生のウサギらしく足も非常に速いです。ペットとして飼われることの多いのはラビットの方で、こちらはそれほど長く走ることはできません。(ウサギと亀のウサギはHareの方)

足が速くても食物連鎖の下位にいるので、彼らをエサと狙う動物は多く、常に敵のことを気にして耳を立てています。数を増やしていくために妊娠しやすいよう進化したのだとしても、驚きではないかもしれません。

ただしこの妊娠によって、2度目に受精したほうの胎児は1つ目の胎児が残っているため行き場がなく、駐車場で空いたスペースを待つかのように卵管で待機しているそうです。そして子宮が空き次第移動するとのことです。

Hares Can Get Pregnant While Pregnant | Surprising Science

ディークリップス ウサギ柄
ミドリ
売り上げランキング: 4421

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 野うさぎは出産前に次の妊娠が可能…ドイツの研究【らばQ】  [ 他力本願 ]   2010年09月24日 11:54
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。