2010年09月24日 23:45

人力で鳥のように羽ばたく航空機、初の持続飛行にカナダの学生が成功

 

人力の翼00
レオナルド・ダ・ヴィンチだけでなく、鳥のように翼をぱたぱたと動かして空を飛ぶことは、古来より人類が夢に描いてきました。

トロント大学で航空宇宙科学を研究する学生らが、翼を人力で動かして飛ぶ航空機を作りあげ、たようです。

人力の翼01
パタパタをと翼のようなものを人力で動かして空を飛ぶには、翼が相当軽くなくてはならず、同時に人の体重を飛ばせるだけの大きさも必要です。

ダ・ヴィンチでさえスケッチを描いていたものの実際には作らなかったことで知られています。それを現代の技術で計算し実際に翼を完成させたそうです。

飛行の実験も行っており、発表によると145メートルを19.3秒飛ぶことに成功したようで、初の成功だとのことです。

人力の翼02
スノウ・バードと名付けられたこの羽ばたき機は、翼の長さがボーイング737と比較できる32mもありながら、重さはたったの43kgしかなく、材質はカーボン・ファイバーとバルサ材を利用しています。

完成に4年もかけたというトッド・ライカートさん(28歳)は、別の学生キャメロン・ロバートソンさんと協力し、費用は20万ドル(約1700万円)をかけたそうです。

スノウ・バードはペダルをこいで翼が動く仕組みで、飛行試験は国際航空連盟の代表が立会い記録されました。

飛行のために体重を落とし、足の筋肉を鍛えるべくダイエットやトレーニングに励んだそうで、実際の試験飛行の8月までに65回も試運転を行ったそうです。

今後さらに飛行を持続させ、効率よく移動ができるように研究を続けていくそうです。

まだまだ長い年月を必要とするでしょうが、これが進化していくと実際にパタパタと人が飛ぶようになっていくのか未来が楽しみではあります。

ちなみに飛ぶ様子以下の動画でも見ることができます。

Bird-plane a flying first

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
三権分立って知ってるか?中学の時に習いましたね。行政・立法・司法の三つの権利を分
3. デューン/砂の惑星が再映画化  [ さわやかサタデー ]   2010年09月30日 13:07
しらなかった。。 先日、スティーブン・キングの代表作である「ダーク・タワー」が映画化されるということで記事を書きましたが スティーブン・キングの代表作「ダークタワー」が映画化・TVシリーズ化決定 もろもろググっておりましたら、あらびっくり。 フランク・ハーバー...
4. デューン/砂の惑星が再映画化  [ さわやかサタデー ]   2010年09月30日 14:59
しらなかった。。 先日、スティーブン・キングの代表作である「ダーク・タワー」が映画化されるということで記事を書きましたが スティーブン・キングの代表作「ダークタワー」が映画化・TVシリーズ化決定 もろもろググっておりましたら、あらびっくり。 フランク・ハーバー...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。