2010年10月01日 10:43

宝くじで100万ドル当てた3ヶ月後に、今度は200万ドル当てた幸運の人

 

宝くじ2連発00
偶然、幸運、悪運というのはあるもので、天文学的数字のような確率でも、その恩恵に預かる人がいるようです。

宝くじで100万ドルを当て、さらにその数カ月後、200万ドルの当選をした人がいました。

宝くじ2連発01
アメリカ・ミズーリ州に住むアーネスト・パレンさん(57)は、今年6月にスピードくじで見事100万ドルを当てました。

さらにたった3ヶ月後の9月17日に、別のスピードくじで200万ドルを当選させたと言うのです。

さすがにミズーリ州の宝くじの歴史でこんな記録はないそうで、幸運ぶりに驚かれているようです。

アメリカでは宝くじの当選金のもらい方は一括と分割を選べますが、パレンさんは一括で受け取る決断をしました。

信じられない幸運が2度続いたものの、パレンさんはさすがに3度は当たらないだろうと語っていますが、その代わり、今度は私が当てると妻が息巻いているようです。

うらやましい限りですが、2度と言わずとも1度でいいので、この運のおこぼれを頂戴したいものですね。

Months after winning $1M in lottery, man wins $2M

30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)
本田 健
大和書房
売り上げランキング: 23
おすすめ度の平均: 4.5
3 読んだ瞬間は熱く、次の日から冷静に実行
5 自分を見つめるいい機会
5 30代は、人生の方向性を決めて、それを生きよう。
5 具体的な行動につながる
5 30代という、大人へのチャレンジ。そのためのメンターとなる本。

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。