2010年10月02日 14:13

脳出血で倒れた男性、回復すると人格が激変していた

 

性格が変わる00
脳出血で倒れると命の危険を伴いますが、助かった場合でも記憶を失い別人のようになるケースがあるようです。

イギリスで、常に酔っ払って口汚なかったアル中の男性が、脳出血により生まれ変わったように大人しくなったというニュースがありました。

性格が変わる01
禁酒どころか、まるで夢のような完璧な夫のようになったと、恋人のトレーシーさんは歓迎しています。

それまでケン・メリーウェザーさん(44)は毎晩のように深酒をし、トレーシーさんを悩ませてきました。

脳出血で倒れた日も、ケンさんはいつものように泥酔していたと言います。翌日、床で倒れているのをトレーシーさんが発見し、呼吸をしていないことからあわてて人工呼吸を施したそうです。

どうにか命を取り留め元気を回復すると、なんとケンさんの性格は一変していました。その違いがあまりに顕著だったため結婚に応じたと言うトレーシーさん。

脳出血の後遺症で身体にいくつかの問題は出たようですが、そのかわりに料理など、出来ることも増えたとのことです。

当初は50〜70%の記憶を失い、歩くことや話すことまで学び直さななければいけなかったというケンさんですが、現在はアルコールは一滴も触れていないそうです。

このように脳内出血によって人格が急激に変わった場合、8割のカップルが破局に至ってしまうそうですが、トレーシーさんによると「彼はあれよりひどくなるとは思えなかった」と冗談まじりに語っています。

急に良い人になるというのも珍しい話ですが、こうした現象を見ると人格って何なのだろうと、少し考えさせられてしまうニュースでした。

Brain haemorrhage turns binge drinking man into calm, cross-stitching teetotaller

すぐにできるキャラクター作り―キャラ設定自由自在! (激マンシリーズ)

美術出版社
売り上げランキング: 37994
おすすめ度の平均: 4.0
4 決定打づくりに便利
4 外見ではなく
4 中級者向けかも
4 誤解を招く

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. 脳手術の性格への影響  [ 千日ブログ 〜雑学とニュースのズレた感想〜 ]   2010年10月08日 18:24
 以前も脳の損傷で画才開花という話を書きましたが、また似たような話があったので、取り上げます。  脳出血で倒れた男性、回復すると亮..
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。