2010年10月10日 13:38

iPhone盗難の裁判で、90万円のファーストクラスを使い証人を呼ぶ…ドイツの裁判

 

裁判の証言にファーストクラス00
裁判では目撃者や被害者の証言は重要ですが、ドイツで証言を得るため、はるばるオーストラリアから90万円のファーストクラスで呼び寄せたという裁判がありました。

その内容が、数万円のiPhoneの盗難事件の30秒ほどの証言だったことから、物議をかもしてるようです。

裁判の証言にファーストクラス01
証人として呼ばれたのはドイツ人の学生パトリック・ベッカーさん(20)。彼の携帯電話を盗んだ女性の裁判の証言台に立つために、はるばる1万マイルも飛んできたそうです。

彼は2009年の春にベルリンでiPhoneを盗まれました。盗難届を出すも、それ以降何の知らせもなく過ぎ、今年度初めに3ヶ月の語学留学のためオーストラリア・シドニーへと旅立ちました。するとその後、ベルリンの裁判所から連絡が届き、裁判に出席しなくてはいけないことを告げられたのです。

急いでドイツへ飛び立つことになったものの、ファーストクラスしか空いておらず、その旨を告げるとファーストクラスで構わないとの許可が下りたので、結局6900ポンド(約90万円)もする飛行機で裁判所に駆けつけたそうです。

ただし証言で実際に話したのはわずか30秒だけで、その後またオーストラリアに戻ったようです。携帯電話を盗んだ容疑者の女性は19歳で裕福ではなく、この飛行機代などの諸費用はすべてドイツの税金で賄われるとのことです。

罪が週末の拘留だけであったこともあり、盗まれたiPhoneの何十倍にも相当するファーストクラスの飛行機代をあっさり経費として使ってしまったことで、ドイツの裁判所が無駄遣いしているとの印象を与えてしまったようです。

German court pays £6,900 to fly student first class from Australia to testify about stolen phone

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです
村上 春樹
文藝春秋
売り上げランキング: 26
おすすめ度の平均: 5.0
5 読者の魂と呼応する深い物語が書ける秘密
5 この作品の続きは「考える人」2010年夏号「村上春樹ロングインタビュー」で
5 書くことによって人生を進める生き方
5 基はひとつ
5 変わる勇気、変わらない勇気

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. iPhoneどうでしょう  [ iPhone ]   2010年10月13日 17:08
昨日、本屋に行ったらつい目にとまって見てしまいましたiPhone関連本。結局立ち読みで帰ってきましたが・・・・だってAmazonで買ったほうが安いので。 私はよく流行調査のように本屋に行ってそのあとAmazonで買うパターンが多いです。そんなことで、このブログで紹介してお...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。