取材 PR / coush / URL
2010年10月12日 12:08

100万部ベストセラー「おつまみ横丁」の最新作、『コツまみ』発刊記念イベントに行ってきました

 


予約が取れない恵比寿の人気店「賛否両論」の店主、笠原将弘氏が監修した、ハイボールにぴったりのおつまみレシピ本『 コツまみ 』の発刊記念イベントが、10月1日に行われました。

このイベントでは、「コツまみ」に掲載されているおつまみを実際に食べる事ができたのですが、これが 簡単独創的 、そして 美味い! …と、しきりに感心してしまうレシピばかり。

いや、まさかちくわぶや甘栗が、あんな絶品おつまみになるなんて…!
驚きのレシピは必見です。


こちらが『 コツまみ 』を監修した笠原将弘さんのお店、「賛否両論」。この日は、関係者やメディアの方々を招いた、発刊記念パーティーが行われました。 


こちらが笠原将弘さん。テレビ番組にもよく出演されていて、主婦の方はご存じの方も多いかも。私の妻が密かにファンだったようで、このイベントに行く事を伝えたら、しきりに羨ましがっていました。


お店の入り口掲げられていた、笠原さん手書きの「コツまみ」宣言。
その内容は…

一、お酒は何でもソーダで割れば「ハイボール」です。
一、ちょっとしたおつまみ作りはコツしだい。
一、コツまみと ハイボールあれば エンドレス(字余り)

なるほど、ハイボールってウイスキーだけではなかったんですね〜。


これが、10月8日発売のレシピ本『 コツまみ 』。ハイボールによく合う手軽に作れるおつまみレシピが90種類も載っている、家呑み好きにはたまらない一冊です。


本日用意されていたお酒は、キリンのむぎ焼酎「白水」、ウイスキー「富士山麓」、黒ごま焼酎「黒胡宝」、梅酒「豊潤梅酒 撰」。

キリンと言えば、ビールというイメージが強く、梅酒やウイスキーはあまり知らなかったのですが、飲んでみるとこれがなかなか美味しい〜。

さらにハイボールにすることで、梅酒とウイスキーは飲みやすくよりスッキリした味になり、気がつけば10杯以上飲んでいました。お、美味しくてつい…。

 
テーブルに用意された料理の数々。うまそう…。

この日用意された料理は、コツまみの中から選んだ10種類の笠原さんお気に入りのレシピ。その一部を紹介します。


鶏もも ごぼうおろし煮
ごぼうをおろすとこんな味になるんですね…。ごぼうの繊維質な食感は姿を隠し、風味と甘みが鶏もも肉とよく合い、優しくてホッとする味。


ちくわぶガーリックバター焼き

個人的にはおでんの脇役以外で見た事がないちくわぶを、見事に主役にした逸品。ちくわぶのもちもち感、パン粉の香ばしさ、ガーリックバターの食欲をそそる香りがたまりません。


ジャーマン甘栗

甘栗のジャーマンポテト風。一見奇抜な料理に見えますが、食べてみると甘栗の甘さとベーコンの塩気が絶妙で、お酒が進みまくりです。


大人のポテサラ

ほのかなわさびの風味と、塩昆布のうま味が美味しいポテトサラダ。ちょっとアレンジするだけで、こんなにも味が変わるなんて、料理って奥深い…。


豚の西京焼き りんごおろし

みその香りが香ばしい豚肉の西京焼きに、りんごのおろしソースを添えて。一晩漬けてぎゅっと濃厚になった豚肉のうま味を、リンゴがさっぱりとした後味に…これはいくらでも食べられそう。


他にもうなぎパイ、豆腐の昆布〆、鯖フライ カレーピーマンタルタル、春雨のトマト煮、柿ピーなどなど、食材の新しい一面を楽しませてくれる、独創性溢れる趣向を凝らした料理がたくさん出ていたのですが…


いやこれがもう、ハイボールと料理の相性が本当によくて、後半は撮影もそっちのけで、お酒と料理を楽しみまくり。
ハイボール、うますぎです!!


宴半ばで、笠原さんからの挨拶。

ハイボールは、お酒をソーダで割ったもの全般を指すことや、添え物にかぼすやすだち、焼酎ハイボールには ワサビミョウガ も美味しいんですよ!と、笠原さん流のハイボールアレンジを紹介してくれました。(後で試してみたら確かにウマい!)

コツまみ―ハイボールがうまい、おつまみのコツ181 そしてコツまみの制作では、色々都合もあって出版まであまり余裕がなく、90品のレシピを 1週間徹夜で 考え抜いたり…なんて苦労話も。これだけ完成度の高いレシピをそんな短期間で創り出せるなんて、並々ならぬセンスですよね…。
 コツまみのレシピは、「 超簡単にできる 」「 面白い 」「 和食のエッセンスが詰まっている 」をコンセプトに考え抜いたそうです。すんごく美味しかったですよ。


そして「コツまみ」に携わった、是友(これとも)麻希さんから、制作の苦労話も。是友さんは、グリコのCheezaを開発したりと活躍中のフードコーディネーター。今回コツまみの調理と撮影に協力したのですが、90品を3日間で全て作り撮影する…という、過酷なスケジュールだったのだとか。

そして本を買った方に色々なハイボールを試してもらえるように、3種類のお酒のプレゼントキャンペーンを帯につけたのだとか。こういうのってちょっと珍しいですね。



そして宴は21時までの予定が、22時過ぎまで続いたのでした。
とても楽しく際どい話も沢山あったのですが、お酒の席の話をここに書くのも野暮なので、雰囲気だけお届け。


笠原さんも飲みつつ楽しみながらおもてなし。通常営業とは違って、ホームパーティーのような、終始とても楽しい雰囲気でした。

笠原さん曰く、「 この本は映画化するね!
り、料理本が映画化だなんて、内容が想像できないだけに、むしろ興味しんしんです。個人的には、続編でモツ料理本の「モツまみ」を出してほしいな〜。


笠原さんが、「 人数限定で特別にハイボール作るよー! 」って言っていたので、厚かましくもお願いしてみたら、気さくに作ってくれた笠原さん… って、あんたが飲むんかーい!!


あらっ、ちょっといい雰囲気?
※さっきの腹いせに女性ファンの嫉妬心を煽る写真を撮ってみました。

イベントでコツまみの本を1冊戴いたのですが、妻が笠原さんのファンだったので、お願いして本にサインをお願いしたら、快く書いていただけました。
ありがとうございます!!
妻はすんごく喜んでいました。

ところでコツまみのレシピは、 コツまみのwebサイト でも、日替わりで紹介されています。

またTwitterの公式アカウント、 @kotsumami でも最新レシピを配信しているので、料理、お酒好きの方は、フォローしときましょう。

また、コツまみのサイトからレシピをつぶやいたり、ブログパーツをブログに設置すると、抽選でキリンのウイスキー、麦焼酎、梅酒、そしてコツまみのレシピ本が当たるキャンペーンを行っているそうです。
→ブログパーツ詳細

お酒も美味しかったし、レシピも本当に簡単で美味しいのがぎっしりで、この本が一冊あるだけで、晩酌や家呑みが楽しくなること請け合いです。


いやー、本当に美味しくて楽しいイベントでした…。
笠原さん、どうもごちそうさまでした!

コツまみレシピ、見てみると本当に簡単そうなので、今度妻と作ってたまには一緒に飲もうかな…。

とても美味しいので、興味のある方はぜひ作ってみて下さいね〜。

コツまみ 〜 ハイボールがうまい、おつまみのコツ

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. 怒涛の梅酒  [ 梅酒 ]   2010年10月12日 13:22
梅酒について調べています。いろいろありますなぁ ブログで拾ってみました。とりあえず10件ほど南部美人 ノンシュガー スパークリング梅酒: 仕入担当Sの家飲み推進ブログ南部美人ノンシュガースパークリング梅酒.え??、おとといは祝杯をあげることができず、やけ酒となって...
3. 笠原将弘「コツまみ」出版記念パーティー  [ ガジェット☆ダイスケ - gajetdaisuke.com ]   2010年10月19日 04:04
こんなに美味しい出版記念パーティーは他にはございません。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。