2010年10月14日 10:56

ガンで余命6ヶ月と言われ所持品を売り払ったら間違い診断だった

 

余命わずかのはずが…00
ガンの宣告をされるというのはとてもつらいことです。それも余命があと残りわずかしかないと伝えられたときの気持ちは、想像するに余りあります。

イギリスで男性が余命6ヶ月とガンの宣告を受け、所持品を整理のために売りに出したところ、後でそれが誤診断だということがわかったそうです。

余命わずかのはずが…01
マルコム・マックマホンさん(55)は自分の母親と兄をガンで亡くしていたため、宣告された時も自分の番がやってきたと思ったそうです。

家族の苦しそうな死に際を見ていただけに、自ら命を絶ってしまおうとさえ思ったそうです。

看護婦の手助けを受けながら、病院ではなく自宅で最後を迎えることができると医師が説明する間も落ち着いて聞く事ができたと言います。

恋人はかなりショックを受けたそうで、マックマホンさんは自分がいなくなったあと経済的に辛い思いをしないようにと持っていたアンティークや陶器を売り払っていきました。

すると最初の宣告から3ヶ月経った2度目の検診で、なんとガンではないことを告げられたのです。

幸運だったのはガンでないと知るより前に、家の買い手が現れなかったことでした。飼っていたスタフォードシャー・ブル・テリアの新しい飼い主も見つけ、他の2匹については引き取り手がいなかったので安楽死させる予定でいたそうです。

このことに対し、今のところ病院側はコメントは出していないようです。

ひどい話ではありますが、間違いだったことに憤るのか、死なずに済んで喜ぶべきなのか、こんな時どんな心境になるのか微妙なところです。

Man sold possessions after incorrect terminal cancer diagnosis

君たちはどう生きるか (岩波文庫)
吉野 源三郎
岩波書店
売り上げランキング: 186
おすすめ度の平均: 5.0
5 本当の思想のつくり方とは
5 なるべく多くの人に
5 子供から大人まで
5 誰しもが出会うべき名著
5 子供の頃、出会えて幸せでした

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。