2010年10月23日 17:54

抗争激化の町で20歳の女子大生が警察署長に就任…メキシコ

 

女子大生署長00
アメリカ・テキサス州と国境を接するメキシコ・チワワ州のプラセディス市では麻薬組織の抗争が激化し、警官や市長が殺害されるなど泥沼の状態となっています。

恐れをなした警官たちの辞職が相次ぎ警察署長のなり手もいないなど、市内は暴力と麻薬の支配する無法地帯だそうです。

そこで新たに署長を募集したところ、名乗りをあげたのはたった一人、弱冠20歳の女子大生だったのです。

女子大生署長01
数日前にも警官が凶弾に倒れ、6月には市長や軍人までが殺害されました。

女子大生署長02
そして新たな警察署長に就任したのが、20歳の女子大生、マリソル・バジェスさん。

女子大生署長03
大学で犯罪学を学んでいると言う彼女は、3人だった署員も13人に増員し治安維持向上に努めるとのことです。

女子大生署長04
標的にされるため護衛は2人付くようですが、当然ながら彼女の安否を心配する声も大きいようです。

女子大生署長05
1児の母でもあるという彼女。息子が安全に暮らせる町にしたいと抱負を述べていますが、この泥沼の状況を打破することができるのでしょうか。

アメリカに出回るコカインの9割がメキシコ経由で、毎年メキシコでは1万人近くが麻薬の取引ルートを巡る抗争で死亡しているそうです。

Can young mom Marisol Valles Garcia clean up a dangerous Mexican town?

今日の治療薬 2010―解説と便覧

南江堂
売り上げランキング: 813
おすすめ度の平均: 5.0
5 欲しい機能。
4 外来で手軽に使え、助かっています。
5 多くの医者がここでこの良書を購入するのを知った
5 薬の辞典です。
5 薬に度々お世話になる人は必見です

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。