2010年11月03日 13:20

水族館のタコが「かぼちゃ」と恋に落ちて、さあ大変

 

タコとかぼちゃ00
恋というのはどこからともなくやってきたり、急に落ちていたり、破れたりするものですが、スコットランドの水族館にいるタコが恋に落ちてしまいました。

ただ問題がそのお相手で、なんとハロウィンのデコレーションとして職員が水槽に入れたパンプキンだったのです。

タコとかぼちゃ01
恋というのは簡単に報われるとは限りませんが、さすがに相手がパンプキンとなると望みは薄く、どうにもなりません。

レッサー・オクトパスと呼ばれるこのタコは感情に沿って体の色を変える特徴を持っていて、ご満悦のときは赤茶色に白がポツポツと見える色ですが、不安やストレスがあるときには白くなるそうです。

そしてタコの遊び道具になるかもしれないことと、ハロウィンにちなんで水族館に訪れる人々が楽しめるようにデコレーションとして、パンプキンを入れたそうです。

問題は水中ではパンプキンは腐りやすいため係員が何度か入れ替えようとしたところ、タコがストレスを感じて真っ白に色を替え、元に戻されるまで色が変わらないのだそうです。そして戻してやると嬉しい赤い色になるそうです。

さらに違うパンプキンではダメで、一途にそのパンプキンだけを愛していると言い、スタッフたちは困り果てています。

このタコにはロミオとあだ名がつけられたそうですが、成就しそうにないその愛のことを思うとぴったりのニックネームですね。

人間界以外でも、人形(?)に恋してしまうケースはあるようです。

Colour-changing octopus besotted by pumpkin

フィギュアーツZERO 「黄猿」ボルサリーノ
バンダイ (2011-03-25)
売り上げランキング: 1

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。