2010年11月11日 12:06

実の父親の亡骸を解剖実習する医師…インド

 

自分の父親の体を解剖実習
医学の実習に人体の解剖もありますが、解剖学や医学の研究のため、インドの医師が実の父親の体を使うことにしたそうです。

さすがにこのようなケースはインドでも初めてだと言われています。

この解剖を実施することにしたマハンテッシュ医師(40)は、選択の余地はなかったものの資質を試されると認識しているようです。

イギリスの植民地時代の規律に反対していた彼の父親は、古来よりインドに伝わるヒンズー教の医術で名を馳せた医師でした。彼は2年前に89歳で亡くなりましたが、遺言に自分の亡き骸は研究のため、息子の手により解剖されることと明記していたのです。

この遺言を遂行するため2回目の命日である11月13日に解剖が行われる予定です。

マハンテッシュ医師は今回の執刀にあたって、自分の妹を解剖したイギリス人医師で循環系の研究で大いに名を残すことになった、ウィリアム・ハーヴィー医師の影響を受けたと述べています。

世界的に解剖の献体は不足しているため、今回のこの自分の意思表示が提供者の増加のメッセージになれば良いと言い、またこの行為を自分の母親を含む家族は支援してくれていると伝えています。マハンテッシュ医師自身も寄付することに決めているそうです。

父の意思の尊重と医学のためとは言え、家族を解剖する心中とはいったいどんなものなのでしょうか。

Indian doctor prepares to dissect his father's body

ソンバーユ 無香料 70ml
ユウキ製薬 (2003-01-20)
売り上げランキング: 2

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 実の父親の亡骸を解剖実習する医師…インド【らばQ】  [ 他力本願 ]   2010年11月11日 12:55
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。