2010年11月15日 23:58

煙突の爆破解体に失敗、発電機に直撃し4000世帯が停電

 

煙突解体00
アメリカ・オハイオ州の発電所で83メートルの煙突の爆破解体工事が行われた際に、計算と違う方向へ横倒しになるハプニングが起こりました。

その結果、発電機に直撃し4000世帯が停電となるトラブルとなってしまったようです。

煙突解体01
ひび割れの影響で想定外の方向に倒壊。

煙突解体02
見物していた女の子も…。

煙突解体03
一目散に逃げる!

煙突解体04
現場にいたらさぞかし怖かったことでしょうね。

煙突解体05
完全に倒壊。

煙突解体06
幸い怪我人は出ませんでしたが、電線のそばだけに危険は大きかったと思われます。

煙突解体07
切れた電線と巻き上がる煙。

煙突解体08
発電機を直撃したことで、大規模な停電となったようです。

鮮やかなビル解体などの映像をみると、計算しつくされた爆破技術に感心しますが、こういった事故を見ると、やはり危険は付いてまわるものだと実感してしまいます。

A Tower Crushes Surrounding Buildings in Ohio

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. 爆破解体は失敗することもある  [ Kyan's BLOG IV ]   2010年11月17日 17:57
らばQ:煙突の爆破解体に失敗、発電機に直撃し4000世帯が停電 成功ばかりが喧伝される中,失敗の記録はなかなか貴重だと思う。 保険はかけてあるのだろうけれど掛け金と支払総額を知りたく思いました。 ま,...
トラックバックURL
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。