2010年11月20日 18:03

空港でセキュリティチェックをしない航空会社が現れたら、それに乗りますか?

 

空港セキュリティ
9.11事件を境に、アメリカの空港のセキュリティチェックの変わりようは凄まじいものがあります。

この検査が度を越していると現在アメリカ各地で問題になっています。飛行機を操縦するパイロットまでが裸の検査を強いられ、それを拒否した手記を載せたことで大きな反響を呼び、犯罪者なみの検査に反発する声が大きくなっています。

そんな折、「もしセキュリティ検査のない航空会社が現れたら、その飛行機に乗りますか?」という質問が掲示板に投稿され、盛り上がりをみせていました。

空港の過剰な検査のせいで、TSA(米国運輸保安局)の不人気たるや毎日のようにクレームが上がっていますが、では実際にセキュリティチェックが全くなくなったとして、その飛行機に乗る気になるでしょうか。

そんな問いかけに数多くの感想が寄せられていました。

一部抜粋してご紹介します。

・乗らないな。

・乗らない。極端に行き過ぎるというのは何の解決にもならない。

・電車やバスには乗らないのかい?混んだショッピング街や映画には行かないのかい?

・電車やショッピング街で爆弾がしかけられても生きて帰れるチャンスは高い。何も怪我せずに帰れることも多い。だが飛行機が爆破されたら一巻の終わりだ。明らかに大きな違いがある。

・何をしたってテロリストは方法を見つけるさ。TSAの舐めるような古いやり方の検査は差し引いたっていいんじゃないか?

・少し前まではこれほどの厳しい検査はなかったんだぞ。車の場合は隣に酔っ払い、10代、携帯電話、お年寄り運転手が横にいたなんて理由で運転を止めたりしないだろ?飛行機でテロに攻撃されて死ぬよりも自動車事故で死ぬ確率の方がはるかに高い。セキュリティのために自由をあきらめても何も解決しないさ。

・航空会社が検査をコントロールするわけではない、空港だ。

・みんな記憶力が悪いんだろうか。以前は空港検査というと金属探知と持ち物のX線だけで、ほぼ歩いて通り抜けられた。たばこは吸えたし、乗務員たちもセクシーだった。

・バスと飛行機の違いは、バスなら交通機関や人間に囲まれていることだ。トラブルが起こりそうな状況ではバスからどうにか離れる方法もあり、他の人が外部に連絡もできる。飛行機では行き止まりだ。パイロットが殺されたら、もうほとんどの人はどうしようもない。コースをはずれた飛行機に対する政府の扱いも破壊的だ。
 以上の理由から、検査がなくなったら乗らないよ。どうして極端にセキュリティがあるか無いかになるんだ。問題はTSAがまっとうな検査をしていないことだ。今必要なのは量より質だ。

・コックピットを強化ドアにして武装したパイロットにしとけばいけるだろう。ナイトクラブにいるような超マッチョなボディガードをさらに付けてもいいな。さらにディスコ・ボールに娼婦をつければ、最高の空の旅になることは間違いなし。

・現実的に強化ドアで9.11事件は二度と起こらないだろう。小さなナイフや爆弾を持った男がいても他の100人くらいにやられるからな。

・だいたいフライトが安全になったのはこの強化ドアのおかげさ、それ以外は単なるドラマさ。

・強化ドア以外に飛行を安全にしたのは、乗客が戦うようになったからさ。9.11事件前は大人しくお利口に座っていれば誰かが救助してくれるものと思っていたが、テロリストが飛行機を乗っ取ってからはその考え方が変わった。今テロリストが飛行機を乗っ取ろうとしようものなら、そこにいる全ての乗客にコテンパンにやられるね。

・リュックサックに爆弾をいっぱい詰めて自爆されりゃバスでも死ぬさ。証明が欲しいならロンドン同時爆破事件を調べるといい。ただ事実は政府が思わせるより自爆をしようという怖い男がそれほど多くないってだけさ。そうでなきゃ混んだバスや電車がそこらじゅうで爆発してる。

・オレは値段が安くなるなら乗る。

・毎日何かを怖いなんて思うことなく公共の交通機関を使っている。ビルの屋上に毎日怖いと思うこともせず行く。なので答えはイエスだ。セキュリティ検査のない飛行機に乗るさ。オレは怖いものなしだからな。

・すでに検査のない飛行機はあるぞ。ほらここだ。  

・そのサービス欲しい。

・オレは乗る。爆破されるより墜落する可能性のほうが高いんだから検査がなくとも乗るよ。落ちたら仕方がない。

・そもそもTSA(米国運輸保安局)は一人のテロリストも見つけたことがないんだぜ。

・多分乗る。でも銃持参でもいいかい?

・それに乗るよ。そうすりゃ8時のフライトのために5時に起きることもない。

・みんなが銃を持って乗りゃ、テロリストは何も出来ないのでは?誰かがテロリストに銃を突きつけりゃいいのさ。

・君は自爆テロという意味を、完全には理解していないのではないか?

・みんなが銃を持ってりゃ個人的にはもっと不安だ。

・オレは現在の飛行機のセキュリティが理解できない。コックピットは入室不可能だし、墜落させるにはどうにかして空で爆破させるくらいしかない。俺らはみんなそれを怖がっているのか?それともハイジャックされることを?

・今日はそのことでルームメイトともめた。彼は検査は安全性を高めているので良いと言った。だがオレはまず9.11は1回きりのイベントだと伝えたあとで、もしコックピットが施錠されていて、最悪のシナリオは誰かが飛行機を爆破だったとすると、普通にスポーツイベントやショッピング街でやったほうが被害は大きいのじゃないか?

・「わずかな一時の安全のために大切な自由をあきらめる者は、自由も安全も得る価値を持たない」
"They who can give up essential liberty to obtain a little temporary safety, deserve neither liberty nor safety 
―ベンジャミン・フランクリン

・オレは爆弾を持って乗る。統計によると、爆弾を持って乗れる確率は1000分の1らしいので、2つの爆弾が乗り込む可能性は100万分の1になる。オレが1個持って入れたら、別のもう1個が入れる可能性は100万分の1になる。なのでもっと安全になる理屈だ。

・1日に3万の国内線が飛んでるんだぞ、その統計が正しけりゃ1日に30個ずつ爆弾が乗ってるだろ。

利便性と安全やセキュリティはトレードオフの関係にあるだけに、適切なバランスの見極めは難しいものです。

飛行機が墜落する恐怖を考えると、検査が過剰気味になるのも理解ますがヒステリックになりすぎと考えている人も多いようです。

If there were an airline with no screening at all, would you fly it?

ALVIX 防犯カメラ・ダミー (擬似カメラ) AS-026
本宏製作所
売り上げランキング: 1515

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。