2010年11月25日 14:00

仲良しだったクマに死なれた猫、ショックを受ける

 

熊と猫00
動物が変わった組み合わせで仲良しになるケースがありますが、ベルリンの動物園では猫とクマが大の仲良しで、いつも一緒に過ごしていました。

ところがクマが先に死んでしまい、残された猫はショックを受けているようです。

熊と猫01
この2匹の関係は10年前にまでさかのぼります。ある日動物園のクマの檻(おり)に猫が紛れ込み、このヒグマとじゃれ合っていたそうです。

それ以来同じベッドで抱き合って寝たりしていたようですが、クマが42歳という高齢で亡くなってしまってからは猫の方もすっかり元気をなくしてしまいました。

さらに以前のように守ってくれるクマがいなくなったことで、もはや猫をクマの檻に入れるのは危険であると飼育係は言います。

亡くなったクマは高齢もあって長らく病気だったようです。動物園では公開もせず、クマ用の庭でネコと仲良く暮らしてきました。

クマは野生でだいたい20年ほど生きると言われ、動物園ではそれより10年ほど長く生きていけるそうですが、40歳に達したクマは前例がないそうです。

クマと猫という風変わりな組み合わせですが、10年も仲良くしていたパートナーがいなくなれば、さぞかし辛いことと思います。

クマがこれほど長生きできたのもパートナーの存在が大きかったのかもしれませんね。

Cat mourns loss of bear friend

どうぶつカチューシャ くま
ジグ
売り上げランキング: 8842

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
1. 仲良しだったクマに死なれた猫、ショックを受ける【らばQ】  [ 他力本願 ]   2010年11月25日 14:55
あんてなサイトにブックマークされました。
2. ここは酷いPIO病ですね  [ 障害報告@webry ]   2010年11月27日 01:13
大学PCの不調の原因について追及してみた 拡張カードを全部ハズしても改善されない オンボードのサウンドからの出力がカピカピ音が途切れる Process Explorerで見てみるとHardware Interruptが多発 色々調べてみるとPIO病じゃねって説が多かった 調べてみたらPIO病だっ...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。