2010年11月26日 09:47

携帯電話を持ってたのに…小さな島に漂流して救助が来るまで5日間サバイバル

 

漂流00
海の上で遭難したり沈没しそうなときは救助を呼ぶに限りますが、すぐに来てもらえる保証などありません。

カリフォルニアで54歳の男性が無人島から帰れなくなり、救助されるまでに5日もかかってしまいました。

ところがこの男性、実は連絡の取れる携帯電話を持っていたと言うのです。

漂流01
ブライアン・ホッパーさん(54歳)はキャンペーンと称して、1人でビタミン剤やらキャンプ用品やらを積み込み、ゴールデンゲートブリッジを目指してサクラメント・リバーを出発しました。

すると途中で彼の乗る小さな船は裂けてしまい、水漏れで沈みかけた船をどうにか岸に寄せることができました。

救助されるまでの5日間、彼はビタミンやあたりで取れる植物などをかじって、なんとかしのいでいたそうです。

ところが驚いたことに、彼はすぐに連絡をとれる携帯電話を持っていました。

なぜすぐに救助を呼ばなかったかのかという質問に対して、「島で座礁してしまったことを恥ずかしく思い、自分でボートを修理できると思った」「愚かな男が沿岸警備隊に救助されたと思われたくなかった」などと答えています。

助けだされるまではテレビで学んだ知識を元にサバイバルしたと言い、友人に電話をしたときも救助を呼んで欲しいとは頼まず、どんどん状況が悪くなると聞いた友人が心配して沿岸警備隊に救助を求めました。

ホッパーさんのいる地点を見つけるのに、彼が見えるものを手がかりにしたり、携帯電話のプロバイダー情報から三角測量によってシグナルを割り出したようです。

命よりプライドにこだわったホッパーさんですが、無事救助されたときには友人が連絡してくれてよかったと語っており、最初から素直に救急に連絡すべきだったと身にしみたようです。

Stranded man 'embarrassed' to use mobile phone

サバイバル (1) (リイド文庫)
さいとう たかを
リイド社
売り上げランキング: 27581

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。