2010年11月29日 21:29

20世紀で一番何も起こらなかった退屈な日が選出される

 

退屈
毎日世界のどこかで誰かが生まれ、誰かが亡くなり、イベントがあったり事故があったりと、歴史の1ページとして刻まれていきますが、時にはそういったイベントが乏しい退屈な日もあるようです。

有名人の誕生日、死亡日、イベントや事件日などを調べて、20世紀でもっとも平穏な日が選出されました。

その日を割り出したのは、"True Knowledge"という質問に答えてくれる検索エンジンを立ち上げたウィリアム・ターンズトール・ピードウさんで、質問の中に「20世紀で一番退屈な日は?」というものを用意したそうです。

退屈かどうかは主観的なものであるので、何も起こらなかった日という言葉に置き換えて割り出していったようです。

このサイトは月に500万人が利用していると言い、質問や情報提供の中には日付を含むこともたくさんあるそうです。

イベントの開催日に終了日、人の誕生日に死亡日、ビジネスの創立日、出版物の発行日などのデータは全て蓄積され、当然いろんなことが起こった日があれば、大したことはあまり起こらないという静かな日もあるとのことです。

そしてその結果から割り出された日というのが1954年の4月11日の日曜日。

特に有名人が亡くなったわけでも、メジャーなイベントがあったわけでもなく、最も何も起こらなかった日として選出されました。

平凡すぎるとして逆に脚光を浴びてしまうのも皮肉めいた話ですが、もし自分の誕生日だったなら喜ぶのかがっかりするのか、とるべき態度に困りそうですよね。

覚える必要もなさそうですが、確かにすぐ忘れてしまいそうな日ではあります。

April 11, 1954: The most boring day in the 20th century

ふだん着―一着あればずっと着られる、着まわせる (ワールド・ムック 846)

ワールドフォトプレス (2010-11-13)
売り上げランキング: 3680

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
2. 何もないことは平和なことなのだ  [ 湘南S.SASAKI休日旅行人 ]   2010年11月30日 06:29
へんに事件がない日   そんなのが20世紀にあったようだ 20世紀で一番何も起こ
3. 「20世紀でもっとも退屈な日」は1954年4月11日(日)だとか。  [ ネット世代の雑評論 ]   2010年12月02日 00:25
種記事。らばQ。 「True Knowledge」とかいうサイトで「20世紀で一番退屈な日は?」という質問があったらしい。 ここで言う退屈とは、何も特別な事が起こらない、歴史的出来事が起こらない、ニュースが少...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。