2010年12月09日 10:11

娼婦の価値と妻の価値…と言うお話

 

娼婦と妻

とある男がニューヨークの町を妻と一緒に歩いていました。

途中、妻は香水店を見つけ店内に入り、夫は店の外で待っていました。

するとそこへ娼婦がやってきて、彼にささやきかけました。

「私と一緒に来ない?」

男はすかさず、「いくらなんだい?」と尋ねます。

娼婦は「100ドルよ」と答えました。

それに対して男は、「5ドルなら払うよ」と返しました。

激怒した娼婦はののしりながら、その場を歩き去って行きました。

しばらくして妻が店から出てきたので二人はまた一緒に歩きはじめます。

すると角を曲がったところに先ほどの娼婦が立っていました。

娼婦は男とその妻をまじまじと見つめ、こう言いました。

「5ドルで得られる女が、どんな女かわかったでしょ」

Laugh IT Out: 5 Bucks

Portrait.Of.Pirates ワンピース STRONG EDITION  ナミ
メガハウス (2010-02-28)
売り上げランキング: 1

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
1. 娼婦の価値と妻の価値…というお話【らばQ】  [ 他力本願 ]   2010年12月09日 10:55
あんてなサイトにブックマークされました。
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。