2010年12月14日 20:22

酔ってるときはこう見えると納得されていたドアの落書き

 

トイレのドア00
仕事の後の息抜きとなったり人間関係を円滑にしてくれるお酒ですが、一方で喧嘩早くなるなど弊害もあります。

そして中には相手が人じゃなくても喧嘩を始める酔っ払いもいます。

そんな酔っ払いの気質を利用した、ブルックリンのバーのトイレに書きこまれた落書きが粋だと話題になっていました。

トイレのドア01
「酔っ払ったタコがオマエに喧嘩をふっかけている」

まさにタコ。酔っ払っていなくてもタコに見えるくらいですから、泥酔している人ならこの喧嘩を買ってしまっても不思議はありません。

人や顔に見えると喧嘩を始めるというのが酔っ払いの定番なようで、海外掲示板ではその他の例も紹介されていました。

コメントを抜粋してご紹介します。

・やっちまえ。

・上着を持ってもらうために、やっちまわないとな。

・ケツを蹴り飛ばせ。

・同じコートフックをうちのトイレにつけてから、よそでこれを見かけると気になって、携帯で写真を撮りまくりだ。

・どのバーのトイレなのか教えてくれ。

・裸の花がオレに「かかってこいよ」と言う。
トイレのドア02
・うわ、隣の家でこれと同じのを育てているが、もうこんなふうに見えるようになってしまった。

・その花、なんていうの?

・わ、喧嘩始めるんだ…。
トイレのドア03

・じゃ、オレはiPodでも聴いてよそ見をしてよう。
トイレのドア04

・どう無視できるっていうんだ、目を離せない。
トイレのドア05

・うわ、この家顔がある。
トイレのドア06

・歯を折ってやったぞ。
トイレのドア07

・きょとん。
トイレのドア08

・いひひ、喧嘩は大好きじゃ。
トイレのドア09

・おーい。
トイレのドア10 

・このスレはおもしろい。
トイレのドア11

・ああ、もうタコにしか見えなくなった。

・口に気絶薬を突っ込んでやれ

・これよりもっと悲しいのが、世の中にはタコポルノってのがあることだ。触手とはちがうぞ、あれは別だ。本物のタコを使っているのが出まわっているんだ。

・そろそろ仕事をしようって気になった。

・どうやったらコート・フックを見て酔っ払ったタコが拳をあげているように見えるのかが謎だ。

・それはアルコールが足りないだけだ。

・酔っ払ったタコに遭遇したことがないからだな。奴らはかなり進んでいる。

・それを証明するために酔ってみた。本当だった…。

・そのコート・フックを見つけるたびにそれを書くことにする。

・イカを見てるんだ。

・オレにはマンモスに見える。
トイレのドア12

言われてみると欧米の映画なんかでは、泥酔をした人が何かの物体と喧嘩しているシーンを見かけることがあります。

そこまで酔うのは幸せなのか、悲しいのか微妙なところではありますが、喧嘩相手がタコで済むなら平和ですよね。

On the back of the bathroom door in a bar in Brooklyn.

デラックスなマスク!マツコデラックスになりきりマスク
オガワスタジオ
売り上げランキング: 7162

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。