2010年12月23日 11:49

クリスマスイブのプロポーズを12歳の少年が救う

 

12歳の少年がプロポーズを救う00
「結婚してくれませんか」

プロポーズの言葉と一緒に、その特別なイベントを盛り上げてくれるのがエンゲージリング。

ところがクリスマスイブにプロポーズを計画していたイギリスの男性が、買ったばかりの大事な婚約指輪を落としてしまったのです。

12歳の少年がプロポーズを救う01
イギリスで母親とクリスマスの買い物をしていた12歳のオイシン・テイラーフィーニー君は、雪の上に何か落ちているのを見つけました。拾い上げてみるとそれは宝石店のバッグでした。

中を覗いてみると男性用の手袋と、さらにその下には箱の入った小さな袋がありました。

指輪の箱に見えたというオイシン君は、すぐ母親のマギーさんに手渡しました。確認してみるとダイヤモンドの指輪で、周りには小さなダイヤがちりばめられていたそうです。

すぐにそれが婚約指輪だと気づいたマギーさんは、プロポーズのために持ち主に返さなくてはと思い、詳細を調べてみるとレシートの内容から保証延長の契約がされていることがわかり、宝石店へ行けば男性の身元がわかるのではと考えました。

すると帰りにすぐ持ち主の男性から電話があり、"Thank you"を10回くらい言ったあと、「もう失くさないようにプロポーズのその日まで肌身離さず持っている」と言ってきたとのことです。

男性の名前は伏せられていますが、イブにプロポーズを計画しているとのことから、彼女にばれてしまわぬよう匿名にしなくてはとマギーさんは配慮したからで、プロポーズが成功をするように祈っているそうです。

婚約指輪をいきなり紛失してしまうのも、おっちょこちょいな話ですが、それだけ舞い上がっていたのでしょうね。

クリスマスイブのプロポーズ、マギーさん親子の祈りが届いて成功することを期待します。

Boy's lucky find saves Christmas proposal

劇場版“文学少女
グッドスマイルカンパニー (2010-10-28)
売り上げランキング: 38

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. クリスマスイブのプロポーズを12歳の少年が救う【らばQ】  [ 他力本願 ]   2010年12月23日 11:56
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。