2011年01月10日 23:37

「オレが代わりに!」という人気を呼んでいた決定的写真

 

バスケ00
敵と味方が入り乱れるスポーツでは、予期しないハプニングも起こりえます。

点数を取るため、防御するため、妨害するためと、必死のその形相や瞬時の動きにカメラはとても正直です。

バスケのシュートの瞬間にばっちり撮影された、「オレが取ってあげる」と題されて人気となっていた画像がありましたのでご紹介します。

バスケ01
ものの見事にぐいっと入っています。

どちらも真剣なだけになんとも言い様のない状況となっていますが、ある意味スポーツの醍醐味とも言えるこの写真に海外掲示板も盛り上がっていました。

抜粋してご紹介します。

・かなり深いところへ入ってるな。

・精神的にタフになるには深いところからいかないとな。

・これはルール上のファールなのか、技巧的なファールかどっちなんだ。

・自分の鼻がかゆくなる。

この選手は2001年に3人の選手のケツに指を入れたとWikipediaに書いてある…。

・この画像のいいところは決心にゆらぎがないところだ。

・友達をPickするのも、鼻をPickするのもいいが、友達の鼻をPickしてはいけない。

・そういう言い回しのルールだったが、もうそれは変わった。

・この男の鼻の穴がデカいことを考えると、むしろもっと頻繁におこらないのが不思議だ。
バスケ02

・「うわ、、どこまで深いんだ!」

・シュートするやつへのいい妨害だな。

・むしろ幸せそうに見える。

鼻をほじるという意味の「Pick」や「Digg」というのを別の言葉とかけたジョークコメントが非常に多かったのですが、実際は鼻に限らずいろんな身体同士の触れ合いがあるようです。

激しいスポーツならではですね。

Let me get that for you.

スラムダンク論語
スラムダンク論語
posted with amazlet at 11.01.10
遠越 段
総合法令出版
売り上げランキング: 50648

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。