2011年01月28日 17:16

誰が?なんのため?マイアミ沖に謎のグランドピアノが現われ騒動に

 

謎のピアノ00
時々なぜこんなところに?と言ったモノがありますが、アメリカのちょっと変わったところにグランドピアノが現れたとニュースになっていました。

一体誰がどんな事情でそんなところにピアノを置いたのか話題を呼んでいるようです。

謎のピアノ01
フロリダ州マイアミのビスケイン湾の沖に出来た、砂堆の上にぽつんとグランドピアノがあるのです。小さな砂州の一番高いところに置かれ、満潮のときでも沈まないようです。

どうやってそこに運ばれたのか、なぜそこにあるのかは謎のままで、グランドピアノというと重さが300kg近くもあることから小さなボートで運ぶのは不可能とのことです。

容易にそこから動かすことは出来ないため、環境に大きな弊害をもたらさない限りはすぐに移動させる計画はないようです。

海岸から200ヤード(約182メートル)ほどの距離にあるため、肉眼でもグランドピアノが確認でき、双眼鏡などでカモメが止まっている様子も見えると言います。

夜中に誰かがわざわざそこまで運んだと思うと、かなりミステリアスな行動ではありますが、「きっと夜の海岸でジャズでも弾きたくなったのだろう」とか、「それはオレのピアノだ」とか、こう言った砂堆のことを英語でサンドバーと言うことから、「これぞ本当のピアノバー」と言ったコメントが寄せられていました。

夜の海岸にピアノの音色が鳴り響いたら、それはきっと……。

Grand piano found on sandbar in Miami bay

KORG SP-250 WS ホワイトシルバー
KORG
売り上げランキング: 473

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. いたずら か アート か  [ 湘南S.SASAKI休日旅行人 ]   2011年01月28日 18:41
写真に撮りたくなる風景でもある 「砂州の上のピアノ騒動」謎が解ける http:/
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。