2011年02月05日 13:00

オックスフォード大学のビリヤードテーブルに男性体液、1週間後に学生から謝罪の手紙

 

ビリヤードテーブル
世界大学ランキングで常に上位に位置するイギリスの名門オックスフォード大学。

英語圏で最古の大学でもある伝統校で、ビリヤードテーブルの上に男性の体液が残されていたとして騒ぎとなっていました。

そしてその一週間後に、匿名の男子学生から謝罪の手紙が届いたそうです。

第一発見者の学生はすぐに知らせ、大学側は調査に乗り出すも、結局犯人はわからずじまいでした。

しかしながら調査から一週間してから、自分がやったという匿名の謝罪文が届いたそうです。

手紙の内容は以下のように書かれていました。

ビリヤードテーブルというものはキューを利用するプール、スヌーカー、ビリヤードなど、複数の娯楽を十分に楽しむことのできる設備ではあります。

そのことを鑑みるに、僕自身のまだ生まれぬ子供たちティスプーン2杯分を残していくには不適切な場所だったと思います。

ビリヤードと謝罪文
この詩的?な表現に面白く思ったのか、大学側ではこの手紙を額に入れ、このビリヤードテーブルの横に置いているとのことです。

オックスフォードの学生らしい凝った文章もさることながら、これを額に入れて飾ってしまうというのも名門大学ならではと言うところでしょうか。

Student at Oxford University apologises for leaving unborn children on pool table

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。