2011年02月13日 22:14

わずか1ペニーを物々交換していくうちにブルガリアの土地が手に入った…現代版わらしべ長者

 

わらしべ長者00
最初に持っていたワラを物々交換していくうちに、最後には大金持ちになった「わらしべ長者」という夢のようなおとぎ話はみなさんご存知かと思います。

イギリスでわずか1ペニー(約1.33円)からスタートして、なんとブルガリアの土地を手に入れたという男性がいました。

※1ペニー(ペンス)はイギリスの補助通貨で、1ポンドの100分の1。

わらしべ長者01
27歳のルーク・シールさんは1ペンスから始めた交換がブルガリアの土地になったと言い、さらに驚くことに掛かった時間は6週間未満と言うことです。

庭師だったルークさんは今年の元旦に、1年で1ペニーの投資がどれくらいに膨れ上がっていくのかというプロジェクトを実行に移しました。

一番最初に交換してもらえたのは3匹の金魚だったそうです。次にその金魚をギターと交換しました。ギターになったところで金魚にエサをやらなくてもよくなった点と、死ぬ心配をしなくなった点がよかったと感想を伝えています。

するとこの交換そのものがネット上の注目を浴びるようになりました。TwitterとFacebookで募集を出しているうちに、交換のオファーが増えていったと言います。ギターはマウンテンバイクになり、マウンテンバイクは50ポンド(約6700円)で売れました。

ネットでその50ポンドで買えるものを募集したところ、ブルガリアにある10平方メートルの土地を提供をしてきた人がいたそうです。売主によるとキャンプでもするか、何か植物を育てることくらいしか使い道がないとのことですが、さすがにこの申し入れは断り難く、1ペニーからブルガリアの土地オーナーへとあっさり駆け上がってしまいました。

6週間経たずして土地の所有者となったことで、ルークさんは今後この交換がどう膨れ上がっていくか楽しみだと言います。

交換の様子は、彼のサイトから確認できます。

何でもやってみるものだと思える面白い試みですが、最初に実行するからこそ実りも大きいのでしょうね。

日本で1円から長者を目指す人がいたら、ぜひご一報下さい。

Gardener trades up from a single penny to a plot of land in Bulgaria

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
1. 板野友美、2ndシングル発売決定を本人は知らなかった!?  [ 毎日旭読み捨て新聞 ]   2011年02月13日 22:36
どっかのお医者さんが、板野友美の顔は誰でも簡単に作れる 顔だと安に整形していると言っているが本人が本当は整形など していないのなら数億規模の慰謝料を請求する訴訟が出 ...
あんてなサイトにブックマークされました。
3. 【世界のニュース】土地を手に入れたわらしべ長者  [ Bloop-Hits ]   2011年02月24日 10:02
最初に持っていたワラを物々交換していくうちに、最後には大金持ちになった「わらしべ長者」という夢のようなおとぎ話はみなさんご存知かと思います。イギリスでわずか1ペニー(約1.33円)からスタートして、なんとブルガリアの土地を手に入れたという男性。 どのように交換
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。