2011年02月14日 12:01

10階で倒れた250kg男性、エレベーターに乗れずクレーン車で釣り出される

 

250kgでクレーン00
美味しいものが手軽に食べられるこの時代、豊かな先進国では肥満が社会問題となっています。

ドイツで倒れた男性が救急を呼んだはいいものの、あまりに太すぎてエレベーターに乗ることができず、クレーン車で釣り出れたそうです。

250kgでクレーン01
もう何年もマンションから出ていなかったと言う61歳の男性マーチン・メルバーさんは、倒れてしまい救急車を呼びました。

ところが彼は250kgと言う巨体。10階から階段を使うにはあまりにも重すぎ、やむなくクレーン車の出動を要請することになったのです。

このクレーン車はもともと事故の際に車やトラックを運ぶもので、5トン程度なら持ち上げることが可能という優れもの。10階から彼をゆっくり降ろし、下で待機していた特別に強化された救急車で病院まで運ばれたとのことです。

エレベーターも階段も不可能で10階の高さからクレーン車で釣り下げることになるとは、肥満もここに極まれりと言ったところでしょうか。

健康管理は大切だと思わせるニュースでした。

40 stone stroke victim rescued with a 100ft crane

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。