2011年02月18日 11:26

その数30個!直腸に隠して囚人が刑務所に持ち込んだもの

 

刑務所に持ち込む00
刑務所で服役するとなれば、当然多くの制限を受けることになります。

もちろん所持品も例外ではありませんが、囚人側もあの手この手を使って刑務所のセキュリティをかいくぐり、物品を持ち込むケースがあるようです。

アメリカ・フロリダ州の刑務所で、囚人の男の直腸からコンドームに包まれた30個もの所持品が見つかったというニュースがありました。

刑務所に持ち込む01
隠し持っていることが見つかったのがニール・ランシング(33歳)で、罪状は公表されていませんが、犯した罪により服役が決まっていました。

刑務所の看守が日常業務である所持品検査を行ったところ、ランシングの直腸からコンドームの一部が露出していることに気づき、引っ張り出してみたそうです。

すると包まれていた中には、青い錠剤17錠、タバコ、マッチ6本、針先を消しゴムで塞いだ空の注射器、リップクリームの容器、未使用のコンドーム、さらには薬局のレシートにクーポン券まで出てきたとのことです。

映画やドラマなどでは囚人が何かを隠し持っていたりしますが、現実でも同様のことがあるようです。

それにしたってここまでやるくらいなら、最初から犯罪に手を染めなければとも思いますが、ドラッグの魔力というものはそれだけ強力なのかもしれません。

30 items removed from suspect's rectum

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。