2011年02月21日 17:08

みんな興奮…未来的だけどいろいろ問題がありそうなドアノブ

 

ドアノブ00
新しいデザインやギミックが出てくると、なぜかワクワクしてしまうものですよね。

海外サイトで興奮されていた、面白い機能を備えたドアノブがありましたのでご紹介します。

ドアノブ02
部屋の向こう側が映る仕組みのドアノブ。

これは日本の建築家、中山英之さんによる作品だそうですが、海外のいろいろなサイトで紹介されていました。

オシャレなギミックですが、自分の家にどうかと言われるとちょっと……、かなり微妙かも?

これに対する海外掲示板の反応を一部ご紹介します。

・腹違いの妹の部屋のドアに、親がこれを付けてくれたらいいのに。

・もう一人でするプライバシーは終わった。

・ホラー!ホラーだ。

・いやカッコいいよ、それは認めるけど、一体どんな部屋につけるんだ?ベッドルーム…ありえない。風呂…ありえない。クローゼット…退屈。食料貯蔵室…かな?他にドアをもう考えつかない。

・食料貯蔵室にって考えたことが笑えるよ。

・これを見て思いついたのが、開きにくいドアに電球のドアノブを付けるいたずらだな。

・そのコメントを見て思いついたのが、回すと電気が付く夜に光るドアノブ。

・いきなりドアノブに靴下をかぶせておくことに、新しい意味が生じる。

・ドアの意味というものを打ち負かしてるな。

・ストーカー大絶賛だな。

・今まで存在すらしていなかった問題を解決する、エレガントですばらしい方法。

・これを買うのは子供を監視したい親だけだろう。

・もっといい考えがあるよ。ドアを開けておくってのはどうだい?部屋の中がもっとはっきり見えるよ。

・デザイナーはドアの概念ってものをわかってるのかな。ドアの意味は部屋の中が見えなくすることなんだが。

・きっとこれで多くの子どもの青春が台無しにされるな。

・これはプライバシーにはよくないが、オフィスにはいいんじゃない?

・余計に悪いだろ。

・俺はこういうのを窓と呼ぶ。

たしかに面白いコンセプトのドアノブではありますが、丸見えのプライバシーに抵抗が出てしまうのは当然かもしれませんね。

ペットや赤ちゃんのいる部屋だったり、玄関の外を確認するには便利かもしれません。

Incredible door knob design.

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。