2011年03月27日 11:14

耳が聴こえず捨てられた犬、なんと手話を覚える

 

犬と手話00
生後8週間になる子犬が、耳が聴こえないことを理由に捨てられていたそうです。

汚れ切った上に病気で不安そうにしている姿を見て、あるカップルが自分たちが飼うべきだと名乗りを上げました。

実は2人も耳が聴こえないカップルで、なんと子犬に手話を教えることにしたのです。

犬と手話01
マリー・ウィリアムスさん(41歳)とパートナーのマーク・モーガンさん(43歳)は2人とも耳が聴こえず、ちょうど犬を飼おうと考えていたところ、WEBサイトでこの子犬の存在を知りました。

その犬はブルークロスと言うチャリティ団体に救われたものの、ブリーダーたちには見向きもされず、誰も引き取り手が現れないことを心配されていました。

しかしながら、たまたまこの犬を見たマリーさんは一目で好きになり、耳が聴こえないと知ると愛情はさらに増したとも伝えています。

直接犬に会った際には、そのかわいさに涙が出たと言います。夫婦には16歳、13歳、5歳の3人の子供がおり、子供たちがすでに手話を教え始めているそうです。アリスと名付けられたこの犬は、すでに手話でおすわりや立ち上がることや回転などを身につけていると言います。

ブルークロス(Blue Crosse)では犬に限らず、馬からハムスターまで捨てられたり病気になった動物のためにボランティア活動をしている団体とのことです。

こういった理想的な飼い主との出会いが増えてくれると良いものですね。

以下は手話を教え込んでいる映像

Deaf puppy learns sign language

DVDだからよくわかる基本の手話

西東社
売り上げランキング: 22618

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。