2011年03月29日 10:56

まるで木がまゆのように…パキスタンの大洪水でクモが激増、マラリアも減る?

 

パキスタンでクモ大発生00
自然環境は様々な結びつきがあり、異変がひとつ起こるだけで直接的あるいは間接的に影響が波及していきます。

パキスタンでは昨年2000人もの人命を奪う大洪水がありましたが、一方で変わった現象も起きているようです。

パキスタン
昨年7月にモンスーンの豪雨によって大洪水が発生し、国土の5分の1までが水で覆われました。現在もその水は完全には引いておらず、パキスタン国民の生活に大きな影響を残しています。

パキスタンでクモ大発生01
Credits:DFID - frickr

さらに影響は人間だけでなく、激増したクモたちが木に一斉に巣を張り巡らし始め、まるで木を包むまゆのような状態になっているのです。

このような現象は地域住民も今まで見たことがないと語り、まるでファンタジー世界に迷い込んだような光景となっています。

この目の細かいネットに包まれたようなくもの巣の量から、蚊なども激減すると見込まれており、蚊によって媒介されるマラリアの被害も減るのではと予想されているようです。

年間100万人の死者を出しているマラリア感染が減るのであれば人間にとって良いニュースですが、生態系が大きく崩れることによる弊害が出ないか不安も感じるところです。

あの木の中に大量のクモが発生していると思うと、益虫とは言え近寄りがたいものがありますよね。

Trees cocooned in spiders webs reducing risk of malaria in Pakistan

クリスタルヴェール 3g
エーザイ (2009-11-09)
売り上げランキング: 442

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。