2011年04月05日 19:10

ありがたいけどやりすぎ?「日本を助ける方法」と紹介されていた海外ジョーク

 

日本を助ける方法00
世界各国から震災に対する多くの寄付や義援金が集まり、国を超えた繋がりを感じます。

チャリティや募金活動の仕方にもいろいろあるようですが、そんな中海外掲示板で「日本人を助ける方法」と紹介されていたジョークが話題に上っていました。

日本を助ける方法

日本を助ける方法01
1.ちょっとみだらなドレスを着てパーティへ行く
2.電話番号を聞かれたらその男のケータイをつかみ
3.90999(赤十字の番号)と入力する

これで日本に10ドルを送ったことになります。

ちょっといただけない方法ですが、男性の下心を利用した上にチャリティとあっては文句も言いにくいようです。

このジョークに対する海外掲示板の反応をご紹介します。

・だからオレの電話代は普段の5倍なのか…。

・それは少なくとも女に出会ってるってことじゃないか。

・でもその後ふたりっきりにはなれないと思う。

・でもその後サービスしてくれるってならオレは気にしないな。

・その前でもいいよ。

・その途中でも。

・いつでもいいさ。

・ぜひお願いします。

・実際にやったら確認メールを送ってきたぞ、寄付するには返事しなくちゃいけない。

・ちなみにこれは女がやらないと効果的じゃないよ、オレは昨日やってみたが、たった2回しか成功しなかった。

・もっと格好をみだらにするんだ。

・パーティにみだらな格好で行ったんだけど、誰も自分の番号を聞いてくれなかった。男だけど。

・それは間違ったパーティだ。

・オレは自分の電話に他人のふりしてやることに決めたよ。女と会うなんてハードルが高すぎる。

・自分の金を10ドル寄付すりゃいいだろ。

・してくれることによっては、50ドル寄付してもいい。

・そしていつものとおり、僕は電話料金が安いまま家に帰るんだ。

もちろんジョークではありますが、寄付や募金活動が盛んに行われているからこそ、こういったものも出てくるのでしょうね。

How to Help Japan

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス Unifying対応レシーバー採用  M510
ロジクール (2010-08-20)
売り上げランキング: 45

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。