2011年04月07日 13:04

6歳の絵を売りに出したら140万円以上の募金が集まる

 

6歳の絵00
募金活動やチャリティの盛んなイギリスでは、募金の方法もあの手この手の工夫が されています。

弟が治療を受けている病院に募金活動をしようと、6歳の子供が絵を描いて売るという活動をしたところ、目標の100ポンド(約1.4万円)をはるかに上回る1万ポンド(約140万円)も集まり驚いているそうです。

6歳の絵01
父親の助けを借りて、6歳のジャック・ヘンダーソン君は「ジャックは何でも描きます」と絵と寄付金の交換をする募金活動を始めました。

当初は100ポンドほどの目標だったそうですが、わずか2週間で1800通ものEメールが届き、弟が頻繁に治療を受けているというエディンバラの小児病院に1万ポンドの寄付を集めることが出来たようです。

6歳の絵02
家族や友人から小額の寄付があるだろうと思い始めたそうですが、115カ国から何千もの絵のリクエストが届き始め、絵のスタイルは彼自身のものから雑誌の表紙まで幅広く、寄付も年金受給者の2ポンドから企業からの100ポンドなどあるそうです。またロゴの希望もあったと言います。

6歳の絵03
現在ジャック君は依頼の10分の1をようやく描き終えたところなので、絵のリクエストは受け付けていませんが、すでに4セットのペンと2セットのクレヨンがなくなったと言い、絵を描くのが好きなジャック君も喜んでいるとのことです。

その他の愉快な絵はこちらで見られます。

6-year-old boy's paintings raise £10,000 for hospital

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。