2011年04月13日 11:32

かわいい盗人に困ったぞ…リスザルにロンドンの動物園が必死の取り組み

 

盗人リスザル00
動物園では動物の安全と健康をはかると同時に、訪れる観光客が楽しめるような環境作りに勤しんでいますが、相手が動物だけに予定外のことで悩まされることもあります。

ロンドンの動物園では、リスザルの集団が観光客からサングラスを盗むため、あれこれ対策を練っているそうです。

盗人リスザル01
ちょっとやんちゃが過ぎるのは、18匹からなるボリビア・リスザルのギャング集団で、最近だけですでに7つのサングラスを観光客から盗んでいるそうです。

どうやらリスザルたちは光るレンズ部分に魅せられるようで、すばしっこい彼らは装着しているサングラスを観光客から直接奪い去っていくそうです。特に若手の5匹のサルは大変好奇心が強く、たびたび問題を引き起こしているとのことです。

そこで動物園のスタッフたちは一計を案じ、サルたちがサングラスへの関心が薄くなるように、りんごベースの苦い物質をサングラスにスプレーし、興味を失わせようと試みているそうです。

盗人リスザル02
サングラスの味が彼らにとって非常にまずくなることにより、お客さんのサングラスがターゲットから外れるようにするのが狙いです。

ただし訪問者からのサルのスリ行為は初めてではなく、数年前には携帯電話をよく盗んでいたと言います。

サングラスに興味が薄れたら今度は別のものがターゲットになるかもしれませんが、携帯電話に比べたらサングラスに興味を示してくれる方が安心かもしれませんね。

映像は以下よりどうぞ。

Zoo keepers tackle thieving monkeys

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。