2011年04月19日 11:46

同意せざるを得ない…Google検索をするときにありがちな状況

 

google検索00
何か知りたくなったら、とりあえずGoogle検索で検索すればいろいろな情報を得ることができます。

たいていのことは割とすぐに知ることが出来ますが、検索にもそれなりの技術が必要で、なかなかすんなり調べられないときもあると思います。

「Google検索をしているときってこんな風になるよね」という図が人気となっていたのでご紹介します。

google検索01
検索結果の1〜10ページを説明したものですが、これに共感できるという人も多いんじゃないでしょうか。

1ページ目でお目当ての答えが見つからず、まったく関係ないものを眺めているうちに、何をしていたのか混乱してしまうことさえあるかもしれません。

時間ばかりを食うどころか、ページを進めていくほど深みに入ってしまいがちですよね。

同じように思う人は多いようで、海外サイトでも意見がたくさん寄せられていました。コメントを抜粋してご紹介します。

・だいたい合ってる。

・時には3ページ目までいって、検索結果は3ページ目までしかないことに気づくこともある。

・行きすぎて禁止ゾーンまで達することも。

・実はそういった興味深い検索結果をGoogleは隠していんだ。以前100ページまで達したらロズウェル事件(UFO墜落事件)の真実がいろいろ出てきたんだぜ。

・めったなことでは最初のページより先を見ない。でも見るときはそんな気持ちになるよ。

・2ページ目に行ったという記憶がないな、トップ5になけりゃ、検索のしかたを変える。

・誰か検索結果の最後まで行ったことはあるかい?

・3ページ目以降に行く理由は、すでに100回くらい見たポルノしかない。

・え?ポルノって検索できるの?

・ヒントを言うと引用符を使え

・"ヒントをありがとう"

・でも10ページ目こそ最高のものを見つけるページじゃないのか。

検索結果を10件表示にしているか、100件表示にしているかでだいぶ話も変わってくると思いますが、いずれにせよ序盤で答えを見つけ出せなかった場合は検索ワードや方法を変えた方が良さそうですね。

Google.

LOGICOOL ワイヤレスレーザーマウス Unifying対応レシーバー採用  M510
ロジクール (2010-08-20)
売り上げランキング: 104

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。