2011年04月28日 07:48

遊園地のあの乗り物「バンパーカー」でぶつかるのが禁止に

 

バンパーカー
バンパーカーと聞いても耳慣れないかもしれませんが、周囲を柔らかいバンパーで覆われた車で、上の写真をご覧になれば「遊園地のあの乗り物」とピンと来るのではないかと思います。

ぐるぐると好き勝手に走ったり、他のバンパーカーとぶつけ合うのが楽しい遊園地の定番アトラクションですが、イギリスでは他の車にぶつかるのが禁止になってきているそうです。

英語の「バンプ」"bump"にはぶつかるという意味があり、初めてイギリスに導入されたのは80年以上も前。もちろんバンパーカー"bumper car"の名が示す通り、ぶつけ合って楽しむもので、小さな移動遊園地でも見かける定番の乗り物となっていきました。

ところが最近では「衝突禁止」のサインが掲示され、ゆっくりと同じ方向に回るように指示されると言います。

主催者側によると、ムチウチなどを含むケガによる訴訟を避けるため、安全対策が必要になったとのことですが、バンパーカーをぶつけてはいけないとの指示には、多くの客たちが馬鹿馬鹿しいといった対応をするようです。

シートベルトの着用も義務付けられ、全員が同じ方向にゆっくりグルグルまわるところを想像すると、もはや違う乗り物と言えるかもしれません。

近年は、どこの企業も訴訟を恐れて安全基準を引き上げる傾向にありますが、80年間やってきたことまで変化せざるを得ないのが現実のようです。

もちろん企業が安全対策を怠るわけにはいきませんが、行き過ぎることでエンターテイメントの本質まで失ってしまうとしたら寂しい気がします。

Butlins bans bumping in bumper cars

1/16 R/C G-DRIVEJr FORD F-150 RAPTOR
シー・シー・ピー (2010-04-19)
売り上げランキング: 807

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(0)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。