2011年05月08日 22:44

ローラースケートでかっ飛ばした男性、速度オーバーでスピードカメラに撮影される

 

スピードカメラ
スピードカメラ(自動速度違反取締装置)の下を制限速度を超えた車両は、自動的に証拠が撮影されて取り締まられることになります。

ではローラースケートでスピード超過したらカメラは作動するのか、イギリスで確かめてみた男性がいました。

スケートでスピード違反
ローラースケートで挑戦してみたのはサム・タフネルさん(28歳)。時速30マイル(約50km)制限の道を時速40マイル(約64km)で滑り降りた結果、スピードカメラは作動したそうです。

サムさんは以前から友だちとローラースケートでスピード制限を超えた場合、カメラが撮影するのかと話していたと言い、加速しやすい下り坂の道にスピードカメラが備え付けられたポイントを選んで、試してみたとのことです。

この数日前に尾骨を骨折したことや、ローラースケートにブレーキが付いていないことが気がかりだったようですが、時速50マイルまで加速できたようです。

あくまでスタントであり、抗議活動や主張の類ではないとのことですが、スピードカメラの写真にローラースケートが写っているところを想像するとコミカルですよね。

ただし車両ではないローラースケートに対する罰則はないことで、起訴や罰金にされることはないそうです。

Skater set off speed camera doing 40mph in 30mph zone

日本初上陸!スタイリッシュなストリートアイテム 「オービットウィール」
スリー・アールシステム株式会社
売り上げランキング: 115066

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(3)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。