2011年05月13日 07:44

なんと赤信号にハトが巣作ってしまった…イギリスの交差点

 

信号機に鳥の巣00
春になると巣作りを始める鳥が目立ちますが、外敵からひな鳥を守るため、どこに巣を作るかが重要となります。

ところがイギリス・エセックス州で、ハトがちょっと変わった場所に巣作りを始めてしまったそうです。

信号機に鳥の巣01
それはなんと信号機、それもかなり忙しい交差点の赤信号の中に作ってしまったのです。

ただしドライバーの位置からはあまりよく見えないようで、ほとんどの車は気づかずに通り過ぎるようです。ただし意識して見れば、信号機から小枝などが突きでていることが確認できるとのことです。

この交差点は車の往来が激しいこと、そして信号が常に点いたり消えたりするなどの難点はありますが、大きさといい、雨をしのげる条件といい、ついでにライトの熱が暖かいということもあってか、母鳥は場所の選択に満足しているようです。

信号機に鳥の巣02
すでにロクサーヌというニックネームが付けられ注目を浴びているこのハトですが、動物愛護精神の強いイギリスのことなので、おそらく大きな問題が起こらない限りは、ひな鳥が巣立ちの日を迎えるまでこのまま見守られることになるかと思われます。

ただし信号機はあくまで人工のものだけに、「もし温度が高すぎた場合、卵がかえる前に調理されてしまわないか」といった心配するコメントも寄せられていました。

Dove takes up residence in red-light district

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(2)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
春になると巣作りを始める鳥が目立ちますが、外敵からひな鳥を守るため、どこに巣を作るかが重要となります。ところがイギリス・エセックス��...
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。