2011年05月30日 14:01

「ありがとう日本」アラバマ州の竜巻被害に日本が12万ドル支援したことで、アメリカから感謝の声

 

アラバマの竜巻
東日本を襲った震災の爪あとは今もなお残ったままですが、一方で他国からの支援や励ましの声は、大きな力となりました。

アメリカ南部では先月末に、史上最悪の竜巻が起こり、死者は300人を超えています。

なかでも被害の大きかったアラバマ州の被災地に、日本政府が毛布や防水シートなど12万ドル(1000万円相当)の緊急支援物資を提供したことで、アメリカの掲示板には多数の感謝の声が寄せられていました。

そのうちの一部を抜粋してご紹介します。

・ドモアリガト!

・日本の震災&津波のあと、幾人かのアメリカ人が真珠湾を攻撃したからバチが当たって災害が起こったんだと言っていた。同じようにアメリカが被害にあって、日本人から助けてもらう番になったら、そんなことを言ったのを忘れてしまうようだ。

・何人くらい言ってたんだ?

・そこらじゅうで見たぞ。

・オレはそんな馬鹿げたことを言ってるやつを見たことがないけどな。もし実際にいるとして、価値のない取るにたらない小さなグループなんだろう。怖いのはアメリカ人が実際にそういう人間だと思われてしまうことだ。平均的なアメリカ人は日本に起こったことにショックを受けているよ。

・その通り、愚か者はどこにでもいる。それをフォーカスする必要はない。

・カトリーナのときに日本が寄付してくれたリストがこれよ。 ここに載せるのは、日本は何もしてくれないという投稿をたくさん見たから。

・我々はみんな同じだ。ただ政府と宗教によって分けられているだけだ。

・政府と宗教とインターネットエクスプローラーだ。

・それから海と。

・実際は「欲」が問題なんだよ。政府と宗教は2つの乗り物にすぎない。その2つがなくなったとしても、別の、そして多分さらにひどい乗り物がやってくる。

・日本よ、いつまでも「粋」でいてくれ。

・これは、「Today you, tomorrow me」のいい例だね。日本を賞賛する。(参照記事

・カトリーナのときも1300万ドル(約10億円)の寄付をしてくれたんだよ。そういった大きな額を、他にもしてくれている。スタンダードなことなんだ。ただ地震・津波があったから注目されているだけ。いいことだけどね。

・これがスタンダードなら、人類社会としては誇りに思っていいな。

・もう本当の敵は惑星だけだということに賛同していいと思う。

・粋な動きだ。一方オレは日本のポルノに敬意を払うことにしよう。

・そこかよ!テクノロジーや日本のおもちゃは?(車とかガジェットとか…)

・触手ってやつは、どんなテクノロジーをも打ち負かすんだ。

・あとはモザイクさえ外してくれたら…。

・ダンス・ダンス・レボリューションもなかなか。

・1年前に日本に引っ越してきたけど、このことは日本のすばらしい4768番目の理由だ。ちなみに4767番目がオニギリだ。

・自分はアラバマに住んでいて、今晩は日本の文化フェスティバルで時間を過ごした。内容はこれ。間違いなく12万ドル以上は使われていて2万人は無料で食事ができた。10の気球に乗れたり、ハッピを配ったり、和太鼓をしたり、とにかく究極にすごかった。合間にアメリカのフォークソングも流していた。

・真珠湾を忘れるなと言ってた人々は、みんなどこへ行ったんだ。

・ガソリンスタンドで働いているんだけど、日本で震災が起きたとき日本赤十字に送る寄付を受け付けるためにビンを置いたんだ。55ドルくらい集まったが、真珠湾を攻撃したことのコメントや第二次世界大戦のひどいことへの文句も多かった。カトリーナへの支援を日本がたくさんしてくれたと反論しても「許せないね」とか『戦場にかける橋』を見たかい?」とか「無神論者たちだろ」とか、客から実際に聞いた言葉だ。正直に言うと我々は日本からお金を受け取るに値しないと感じる。

・歴史や言語など日本のことを深く研究し、日本に何年も住んだ者として言うが、第二次世界大戦中の日本は、横柄さ、差別主義、非道さ、狂信的、世界に与える脅威さ、という点ではナチスドイツと似た部類で、強烈なな怨恨を残したことも理解はできる。だが近代の日本は近代のドイツと同様、全く違う国だ。そのほとんどの客たちも、先祖は奴隷を所有していただろうに、許すということを知らないのか。バカめ。

・まだまだ自分たちの問題が片付いていない日本が支援してくれたと思うと、涙が出るね。ありがとう。

・特に被害の大きかった地域の近所に住んでいる。破滅した状態を見るのは耐えがたいし、何もかも失った人々には心が痛む。同じく想像もつかないほど大きく被害を受けたところから受け取るギフトというのはすごいものだ。バケツへのひとしずくかもしれないが、しずくがたまるとバケツはいっぱいになるんだ。僕の2セントのように。

支援する側、される側、いろいろな視点がありますが、伝わっている人にはちゃんと伝わっているようです。

竜巻の映像

asahi.com(朝日新聞社):竜巻被害の米へ、毛布など緊急支援 外務省

Japan donates $120,000 in relief supplies to Alabama

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(11)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。