2011年06月01日 11:34

そんなことまで?マナー改善のためベトナム警察に新たな禁止事項

 

ベトナム警察
警察も国ごとにカラーは異なるものですが、やはり市民を守る立場である以上は、規律正しくマナーが良い方が好ましいと言えます。

ベトナム警察のイメージは、サングラスにタバコと、かなりいかついものだったのですが、規律を正す意味で新たに多くの禁止事項が加わりました。

新しく導入された規律の中には、公共の場で「サングラスをかけない」「喫煙をしない」「読書をしない」「ポケットに手を突っ込まない」などが含まれています。

公共にふさわしいマナーを保ち、任務は正しい姿で遂行するべきというのが理由で、これにより交通課の警察が罰則を課すため木陰に潜んで張っているといったことも出来なくなりました。

上記の内容の他に、無駄話や仕事と関係のない電話もしてはいけないとされ、さらに勤務中や警察署内での飲酒も禁じられました。

飲酒については場所や時間を問わず泥酔してはならず、違法に歩道まではみ出して運営しているレストランなどを利用することも出来なくなりました。

厳しいと思うものから、そんなにマナーが悪かったのかと思うものまでありますが、警官が率先して市民の模範となることで、治安や風紀を向上させたいようです。

日本の警察もノルマ達成のため、わざわざ間違えやすい交通標識の後ろで取り締まりをしていることがあるだけに、ベトナムのマナー改善から学ぶところはありそうです。

Vietnam police banned from wearing sunglasses

関連記事

 
Twitter facebook はてブ コメント ご意見 TB
 
コメント欄を表示する(1)
この記事へのトラックバック
あんてなサイトにブックマークされました。
トラックバックURL
最新記事
記事検索

スポンサードリンク
以前の記事


らばQは、世界中から役立つ・面白いニュースを、毎日厳選して配信しているバラエティニュースサイトです。